F1 キミ・ライコネン シャルル・ルクレール
F1オーストリアGPの週末には、今シーズン中にフェラーリのキミ・ライコネンとザウバーのシャルル・ルクレールがシートを交換するとの噂が流れた。

フェラーリは、2019年にキミ・ライコネンに代えて、今年ザウバーでのデビューシーズンで目覚ましいパフォーマンスを見せている育成ドライバーのシャルル・ルクレールの起用を検討しているとされている。

F1オーストリアGPの週末には、フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長がその動きを早め、夏休み後にキミ・ライコネンとシャルル・ルクレールのシートを交換させようとしているとの噂が流れた。

しかし、ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、フェラーリとはそのような議論はしていないと否定している。

「我々にはシーズン終了まで契約があるし、これまで将来について話をしたことはない」とフレデリック・ヴァスールはコメント。

「メディアでいくつか噂があることは理解できるが、それは現実とは関係のないことだ」

「我々は自分たちの仕事に集中しており、シャルルはザウバーのプロジェクトに集中している。将来について話し合うのはまだ後のことだ」

フレデリック・ヴァスールは、これまでシャルル・ルクレールの移籍については何のアプローチもないと付け加えた。

シャルル・ルクレールは、F1オーストリアGPでも9位入賞を果たし、過去6戦で5度のポイントフィニッシュという大活躍を見せ、ドライバーズランキングで14位につけている。また、予選では6戦連続でQ2に進出しており、F1フランスGPではQ3進出を果たしている。

理論的にシーズン中にチームを移籍することは賢明であるかと質問されたフレデリック・ヴァスールは「いいや。シーズンを終え、通常のアプローチとプロセスのスピードで進めた方がいいと思う。簡単なことではない」とコメント。

GP3とF2で2年連続でタイトルを獲得してF1に昇格したシャルル・ルクレールには高い期待が寄せられていた。開幕3戦ではF1マシンのセットアップ調整とドライビングスタイルへの適応に苦しんだが、第4戦アゼルバイジャンで6位入賞を果たして以降はそのポテンシャルとレースセンスをいかんなく発揮している。

シャルル・ルクレールの評価が急上昇していることについて質問されたフレデリック・ヴァスールは「(中国GPのレースでルクレールがスピンを喫した後)皆さんは『シャルルはパフォーマンスを発揮できていない。状況をどう説明できるか?彼は深厚な事態に陥っている』と言ったことを覚えている。その次の週にはワールドチャンピオンだ」とコメント。

「我々はそれを落ち着かせなければならない。確かに彼は良い仕事をしているし、改善している。だが、我はワールドチャンピオンではない」

「今後数戦で彼が問題を抱えたとしても、私は誰にもシャルルを壊されたくないと思っている」

「彼はとても良い学習曲線にいるし、成長している。とても嬉しく思っているし、彼がやってきた仕事を非常に誇りに思っている。だが、彼はワールドチャンピオンではない」

フレデリック・ヴァスールは、将来についての憶測が増加するなかでも、シャルル・ルクレールはトラック内外で非常にうまく対処していると付け加えた。

「6ヵ月前、彼はF2のパドックにいた。おおよそ誰も彼のことを知らなかった。アブレビでの11月末と今日の間には状況は大きく変わっている。彼はいろいろな議論の真っ只中にいる」

「私は彼の落ち着きぶりには関心している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | キミ・ライコネン | ザウバー | シャルル・ルクレール