フェラーリ F1レギュレーション 国際自動車連盟 F1
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、2021年のF1エンジンの方向性がフェラーリを満たすものにならないようであれば、F1撤退の可能性もあると警告する。

FIA(国際自動車連盟)とF1新オーナーのリバティ・メディアは31日(火)、2021年のF1エンジン案を発表。コスト削減のためにMGU-Hの廃止、コントロールエレクトロニクスやエネルギーストアの標準化、またサウンドの向上のための回転数の増加などが持ち込まれていた。

フェラーリの会長を務めるセルジオ・マルキオンネは、F1の新オーナーがフェラーリの要求を満たさなければ、F1撤退もあり得ると述べた。

セルジオ・マルキオンネは、F1チームを運営するためのコストを削減するというリバティ・メディアの計画を支持するものの、パワートレインの方向性には不満を抱いていると述べた。

「リバティにはいくつか好感を抱いている。そのひとつはチームの運営コストの削減だ。それは良いことだと思う」とセルジオ・マルキオンネはコメント。

「だが、我々が必ずしも同意できないいくつかの事柄がある。その一つはパワートレインの方向性だ。それはフェラーリとして進めることに賛同できないものだと思う」

「現時点では戦略的な開発に関しては不透明のようだ。我々は、2021年がフェラーリに関して何らかの決定を強いられる異なる空気になると見なしている」

「完全に明確なものにする必要があると思う。その結果が、フェラーリにとって、ブランドの維持、マーケットでの位置、ユニークな立場の強化という点で有益な状況を見つけることができなければ、フェラーリはプレーしない。そこには多くの意味合いがあるが、コスト削減は別として、フェラーリの構造に筋が通らない」

フェラーリは、全てのF1世界選手権に参戦している唯一のメーカーであり、16回のワールドタイトル、15回のドライバーズタイトル、227勝を挙げ、F1で最も成功を収めたチームでもある。2008年以降はタイトルから遠ざかっているが、F1への“歴史的貢献”によって毎年推定6000~7000万ドルの賞金を受け取っている。

セルジオ・マルキオンネは、フェラーリがF1に代わるモータースポーツとしてフォーミュラEに参戦する可能性を示唆しているが、マセラティもしくはアルファロメオを経由することになるかもしれないと述べている。

「フェラーリがF1を離れた場合、2021年以降にフェラーリが何をしていくかについて多くの選択肢が開かれる。それについて予告はしたくない。我々は来週の火曜日に開催される会議にベストな意思を持って参加するし、我々がどこに行くのか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ