フェラーリ
フェラーリは、今週末のF1カナダGPに、メルセデスとのギャップを縮めるべく、F1パワーユニットのアップグレードを投入する。

セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの両ドライバーがアップグレードを搭載する。アップグレードはターボに集中し、2トークンが費やされたという。

これにより、フェラーリは28トークンを仕様したことになり、今シーズンの残りは4トークンとなる。

フェラーリは、シーズン開幕前に最大数のトークンを費やしており、ロシアGP前にも3トークンを費やしている。

フェラーリは、モナコで12ポイントというシーズン最悪の結果に終わり、メルセデスとの差は67ポイントに広がった。

一方で、レッドブルはフェラーリとのギャップを9ポイント差まで縮めており、F1カナダGPでは2台のクルマにアップデートされたルノー製エンジンが搭載される。

ホンダは、まだシーズン中にトークンを使用しておらず、14トークンが残っている。

メルセデスは11トークン、最新のアップグレードに3トークンを費やしたルノーはまだ全メーカーで最大の21トークンを持っている。

関連:2016 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ