フェラーリ 150 イタリア
フェラーリは、2011年F1マシン名を「150イタリア」に変更した。

フェラーリは当初、イタリア統一150年を記念して2011年マシンを「F150」と命名。しかし、「F-150」という商標でピックアップトラックを販売するフォードが、その名称では顧客の混同を招くとしてフェラーリを告訴した。

それを受け、フェラーリは「F150thイタリア」にマシン名称を変更。そして4日(金)、フェラーリとフォードの間で和解が成立した。

だが、その後フェラーリは名称を再び調整したことを発表。最終的なマシン名は「フェラーリ 150イタリア(Ferrari 150° Italia)」となった。

「F1カーと小型トラックを混同するわずかなリスクも避けるために、マラネロの人間はマシンから数字の150の前にあるフェラーリを象徴するFを取り除くことに決めた」

「大西洋のカスタマーの心に混乱を引き起こす可能性があったので、Fを取り除くと同時に、英語の“th”に等しいイタリアのシンボルに入れ替えることで、名称は完全にイタリア化される」

「したがって、これからはフェラーリ 150イタリア(Ferrari 150° Italia)と読む。これはマシン名が我が国の統一記念日に対する賛辞だということをより明確にさえしている」

「問題が確実に終わり、もっと重要なこと、すなわち我々のクルマが真の勝者になることに集中できることを期待しよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ