ルカ・バドエル
フェラーリは、ルカ・バドエルにとって2010年がテストドライバーとしての最後のシーズンだったことを認めた。

ルカ・バドエルは、1990年代後半からフェラーリでテストドライバーを務めており、報道では、その期間中にバドエルはフィオラノのトラックで13万キロ以上をフェラーリF1マシンで走行したとされている。

フェラーリはボローニャ・モーターショーでリリースを発表。ルカ・バドエルの離脱を認めた。

フェラーリは、ショーでのF60でのデモンストレーション走行がルカ・バドエルの「スクーデリア・フェラーリの公式テスト・ドライバーとしての13年のキャリアに終止符を打つ」と述べた。

2009年、ルカ・バドエルは負傷したフェリペ・マッサの代役として3レースに出場したが、競争力不足の理由でかなりの批判を受けた。

ルカ・バドエルは、それ以前にも1990年代にスクーデリア・イタリア、ミナルディで58戦に出場したが、ポイントを獲得することはできなかった。

フェラーリは先月、ジュール・ビアンキ(21)と2011年のテストドライバー契約を結んだことを発表。また、テストドライバーとしてジャンカルロ・フィジケラ、マルク・ジェネとも契約している。しかし、2011年シーズンに誰が正式なF1リザーブドライバーを務めるは明らかにしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | ルカ・バドエル