フェラーリの2021年03月のF1情報を一覧表示します。

フェラーリF1、18インチタイヤのテストで141周を走破

2021年3月31日
フェラーリF1、18インチタイヤのテストで141周を走破
フェラーリF1は、3月30日(火)にバーレーン・インターナショナル・サーキットでピレリと2022年の18インチタイヤのプロトタイプをテスト。カルロス・サインツとシャルル・ルクレールが合計141周を走破した。

現在、F1はピレリが供給する13インチタイヤを使用しているが、2022年にコース上での競争を向上させることを目的とした新しいF1レギュレーションの技術仕様の一部として18インチへの変更が計画されている。

フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」

2021年3月31日
フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPをダブル入賞で終えた後、“やっと”二人の競争力のあるドライバーを頼ることができると物議を醸すような発言をしている。

フェラーリF1は、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを追放し、2021年にカルロス・サインツに交代することを決定した。

シャルル・ルクレール、2列目4番グリッドは「嬉しいサプライズ」

2021年3月28日
シャルル・ルクレール、2列目4番グリッドは「嬉しいサプライズ」 / スクーデリア・フェラーリ F1バーレーンGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選で4番グリッドを獲得。「嬉しいサプライズ」だと語った。

昨年は主にエンジンのパフォーマンス不足とドラッグの高い空力コンセプトによって戦闘力を失ったフェラーリだったが、今季はその両方の改善に成功しているように見える。

シャルル・ルクレール 「こんなに競争力があるとは思っていなかった」

2021年3月27日
シャルル・ルクレール 「こんなに競争力があるとは思っていなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1バーレーンGP 初日
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGP初日のフリー走行を12番手で終えた。

昨年は一勝も挙げることなく、コンストラクターズ選手権を6位で終えたフェラーリ。今年は弱点だったエンジンを中心にマシン全体で改善を図った。

シャルル・ルクレールは、FP1で5番手タイムをマーク。FP2は12番手とタイムシートには現れなかったが、今季のフェラーリの競争力は想像していた以上だったと語る。

カルロス・サインツ 「ショートランのパフォーマンスのタイトさに驚いた」

2021年3月27日
カルロス・サインツ 「ショートランのパフォーマンスのタイトさに驚いた」 / フェラーリ F1バーレーンGP 初日
フェラーリF1のカルロス・サインツは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGP初日のフリー走行を4番手タイムで終えた。

今年からフェラーリF1に移籍したカルロス・サインツは、FP1を8番手、FP2を4番手と新しいマシンで好調なスタートを切ったが、まだマシンへの適応について学んでいるところだと語る。

フェラーリF1、FIAの『Girls on Track』とのパートナーシップを2年間延長

2021年3月25日
フェラーリF1、FIAの『Girls on Track』とのパートナーシップを2年間延長
フェラーリF1は、FIA(国際自動車連盟)の『Girls on Track』プログラムとのパートナーシップをさらに2年間延長することを発表した。

このイニシアチブは、最も才能のある女性ドライバーを見つけ、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに追加する可能性を支援するために昨年6月に開始された。

フェラーリF1 「2021年型のF1エンジンは大幅に進歩を遂げている」

2021年3月24日
フェラーリF1 「2021年型のF1エンジンは大幅に進歩を遂げている」
フェラーリF1は、2021年のF1世界選手権に向けて昨年の最大の弱点だったF1エンジンでどれだけ進歩したかを最も強く示している。

昨年、フェラーリF1は1勝も挙げることができずにランキング6位でシーズンを終えた。SF1000は、カスタマーチームのアルファロメオとハースのマシンと同様にストレートで明らかに劣っており、フェラーリのF1パワーユニットのパフォーマンス不足が指摘された。

カルロス・サインツ 「ベッテルはレッドブルF1を離れる時に手紙をくれた」

2021年3月24日
カルロス・サインツ 「ベッテルはレッドブルF1を離れる時に手紙をくれた」
カルロス・サインツは、2021年にセバスチャン・ベッテルの後継者としてフェラーリF1に加入した。サインツは、偉大なドライバーであるベッテルのことをフェラーリF1に忘れ去れる機会を得られたことは大きな名誉だと考えている。

セバスチャン・ベッテルと同じようにカルロス・サインツもレッドブルのジュニアプログラムを経てF1キャリアを築いてきた。ベッテルがレッドブルF1でタイトルを連覇していた時代、サインツは開発ドライバーとしてシミュレーター作業を担当していた。

カルロス・サインツ 「ベッテルのようにはなることを心配してはいない」

2021年3月24日
フェラーリF1加入のカルロス・サインツ 「ベッテルのようにはなることを心配してはいない」
カルロス・サインツは、前任者のセバスチャン・ベッテルのようにフェラーリF1で隅に追いやられてしまうことを心配してはいないと語る。

マラネロにタイトルを取り戻すことを期待されてフェラーリF1に加入したセバスチャン・ベッテルだった、結果で示すことができず、若手有望株のシャルル・ルクレールが加入したことでチーム内の立場を失い、最終的に戦力外通告を受けてチームを去った。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム