カルロス・サインツ 「ベッテルはレッドブルF1を離れる時に手紙をくれた」
カルロス・サインツは、2021年にセバスチャン・ベッテルの後継者としてフェラーリF1に加入した。サインツは、偉大なドライバーであるベッテルのことをフェラーリF1に忘れ去れる機会を得られたことは大きな名誉だと考えている。

セバスチャン・ベッテルと同じようにカルロス・サインツもレッドブルのジュニアプログラムを経てF1キャリアを築いてきた。ベッテルがレッドブルF1でタイトルを連覇していた時代、サインツは開発ドライバーとしてシミュレーター作業を担当していた。

「セバスチャンのことをとても尊敬している。僕たちは性格的に似ていると思う」とカルロス・サインツは SoyMotor.com に語った。

「最も困難なシーズンに関係なく、彼はF1の時代を象徴するするドライバーの一人だと思う」

タイトルを4連覇したセバスチャン・ベッテルだが、チームメイトのダニエル・リカルドに敗れた2014年シーズンの後、レッドブルを離れてフェラーリに移籍した。

「彼が2014年にレッドブルに別れを告げた日、僕はシミュレーターに取り組んでいた。彼は僕の仕事が彼とチーム全体にとって重要であると感じてくれていた。彼は親切にも僕に手紙でレッドブルとの別れを告げてくれた。彼は全員に手紙を送ったが、同じものではなかったし、チームの各メンバーのためにパーソナライズされていた」とカルロス・サインツは語る。

「彼は僕がオーストラリアでのグランプリのセットアップについてアドバイスをするために午前4時に何時間も費やしたことを知っていた。そして、彼は親切にもシミュレーターの努力と僕が費やした作業時間に感謝する手紙を送ってくれた。それ以来、僕は彼に特別な愛情を抱いている。僕たちはカメラには映らない関係を築いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / レッドブル / セバスチャン・ベッテル