F2 アゼルバイジャン
2019年のF2選手権の第2戦アゼルバイジャンのレース1が4月27日(土)にバクー市街地コースで行われ、ジャック・エイトケン(Campos Racing)が優勝。松下信治(Carlin)はマシントラブルもあり、13位でレースを終えた。

29周もしくは60分間で争われるレース1は、3度のセーフティカー、7台がリタイアする荒れたレース展開となった。

ポールポジションからスタートしたのは松下信治。しかし、1コーナーでニック・デ・ブリース(ART Gand Prix)がホールショットを奪う。

後方ではジュリアーノ・アレジとラルフ・ボスチャングのTridentの2台がストップ。1回目のセーフティカーが導入される。

6周目、2番手を走行していた松下信治がスローダウン。ピットでの修復作業を強いられて戦線離脱となる。

レース再開後、ミック・シューマッハ(PREMA Racing)が単独スピンを喫してコース上にストップ。バーチャルセーフティカーがッ導入される。

その後、周冠宇(UNI-Virtuosi Racing)が縁石でフロントウイングを破損させて2度目のセーフティカー、レース再開後にも中団で接触があり3度目のセーフティカーが入る。

度重なるセーフティカー出動により、レースは29周を消化できずに60分のタイムレースに。優勝は6番グリッドからスタートしたジャック・エイトケン、2位にはニック・デ・ブリース、3位にはジョーダン・キング( MP Motorsport)が入った。松下信治はレース終盤にファステストラップを記録するも13位でレースを終えた。

2019年 F2 第2戦 アゼルバイジャン レース1 結果

PosNo.ドライバーチーム
115ジャック・エイトケンCampos Racing
24ニック・デ・ブリースART Gand Prix
316ジョーダン・キングMP Motorsport
46ニコラス・ラティフィDAMS
514ドリアン・ボッコラッチCampos Racing
68ルカ・ギオットUNI-Virtuosi Racing
710ショーン・ゲラエルPREMA Racing
812ファン・マヌエル・コレアSauber Junior Team by Charouz
93ニキータ・マゼピンART Gand Prix
1019アントアーヌ・ユベールBWT Arden
1117マハーヴィーラ・ラフナサンMP Motorsport
1221ラルフ・ボスチャングTrident
132松下信治Carlin
145セルジオ・セッテ・カマラDAMS
151ルイ・デレトラスCarlin
1611カラム・アイロットSauber Junior Team by Charouz
1718タチアナ・カルデロンBWT Arden
187 周冠宇UNI-Virtuosi Racing
199ミック・シューマッハPREMA Racing
2020ジュリアーノ・アレジTrident


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2 | F1アゼルバイジャンGP