フォーミュラ2 福住仁嶺 国際自動車連盟
FIA フォーミュラ2 第4戦モナコのレース1が5月25日(金)にモンテカルロ市街地コースで行われ、アルテム・マルケロフ(ロシアン・タイムS)が優勝した。

42周で行われたレース1はスタートから波乱。サンティノ・フェルッティ(トラデント)がスタートでストールし、ルカ・ギオット(カンポス)が幅寄せされたウォールに接触。これにより1周目からセーフティカーが導入された。

12周目にはラルフ・ボスチャング(MP Motorsport)が、インに入ってきたランド・ノリス(カーリン)と接触してリタイア。2度目のセーフティカーが導入される。さらに先頭を走っていたアレクサンダー・アルボン(DAMS)とニック・デ・ブリース(プレマ)がピットインの際に接触。アルボンがリタイアとなる。

これで首位に立ったのがアルテム・マルケロフ。後続とのギャップを開いていき、ピットインを終盤まで遅らせる作戦も功を奏して、2位に10秒差をつける圧勝でトップでチェッカーを受けた。

2位はショーン・ゲラエル(プレマ)、3位にはロベルト・メルヒ(MPモータースポーツ)が続いた。

福住仁嶺(アーデン)は10位でフィニッシュして1ポイントを獲得。牧野任祐は14位完走扱いとなった。

2018 F2 第4戦 モナコ レース1 結果

PNoDriverTeam
11アルテム・マルケロフRUSSIAN TIME
23ショーン・ゲラエルPERTAMINA PREMA Theodore Racing
39ロベルト・メルヒMP Motorsport
420ルイス・デレトラズCharouz Racing System
516アルジュン・マイニTrident
619ランド・ノリスCarlin
77ジャック・エイトケンART Grand Prix
821アントニ・フォコCharouz Racing System
96ニコラス・ラティフィDAMS
1012福住仁嶺BWT Arden
1115ロイ・ニッサニーCampos Vexatec Racing
1211マキシミリアン・ギュンターBWT Arden
1317サンティノ・フェルッチTrident
142牧野任祐RUSSIAN TIME
 5アレクサンダー・アルボンDAMS
 4ニック・デ・ブリースPERTAMINA PREMA Theodore Racing
 10ラルフ・ボスチャングMP Motorsport
 8ジョージ・ラッセルART Grand Prix
 18セルジオ・セッテ・カマラCarlin
 14ルカ・ギオットCampos Vexatec Racing


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2