福住仁嶺 フォーミュラ2 本田技研工業
福住仁嶺が、2018年のフォーミュラ2選手権にアーデン・インターナショナル(Arden International)から参戦することが発表された。

昨年、福住仁嶺(20歳)は、今年ARTグランプリで2年目のGP3を戦い、バルセロナとヘレスのフィーチャーレースで優勝。チームメイトでチャンピオンを獲得したジョージ・ラッセル、2位のジャック・エイトケンに次ぐランキング3位でシーズンを終えた。

ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺は今季終了時点でF1スーパーライセンス取得に必要な40ポイントのうち、21ポイントを獲得しており、来季のフォーミュラ2を5位以上で終えればスーパーライセンスを取得できることになる。

トロ・ロッソは、将来的にホンダの育成ドライバーの起用も否定しておらず、2018年のフリー走行やテストを含めて、F1へのステップアップの可能性が残されている。

しかし、2018年からはフリー走行限定のスーパーライセンスの基準が厳格化され、ドライバーはF2選手権で6戦以上レースをするか、過去3戦間で25点のスーパーライセンスポイントを獲得しなければならなくない。福住仁嶺はまずはフリー走行限定のスーパーライセンス獲得を目指すことになる。

福住仁嶺は、昨年末にアブダビで開催されたフォーミュラ2のポストシーズンテストにアーデンから参加し、F2マシンを初ドライブしている。

また福住仁嶺は、フォーミュラ2への参戦と並行して、日本でTEAM MUGENからスーパーフォミュラに参戦することが発表されている。

関連:【スーパーフォーミュラ】 2018年の松下信治と福住仁嶺の参戦が正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2