レッドブルF1育成の岩佐歩夢、3位フィニッシュで2大会連続表彰台 / FIA-F2 第10戦フィーチャーレース
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA-F2第10戦のフィーチャーレースを3位でフィニッシュ。2大会連続の表彰台獲得で、シリーズランキングは7位に浮上した。

FIA F2選手権第10戦ハンガリーは31日(日)、フィーチャーレースを迎えた。岩佐歩夢は予選トップでポールポジションからのスタート。朝方の雨は上がり、フォーメーションラップがスタートする午前11時35分には厚い雲に覆われながらも気温19℃、路面温度27℃のドライコンディションとなった。

スタート後の加速が鈍った岩佐歩夢は、第1コーナーまでに1台に先行され、第1コーナーでアウトから来たマシンにも先行を許し、3番手で1周目を終えた。ポジションばん回を狙い前車を攻める岩佐歩夢だが、なかなかオーバーテイクできず、接近した状態で周回を重ねる。

9周目、ソフトタイヤでスタートした岩佐歩夢はピットインしタイヤ交換を行った。タイヤ戦略はほぼ半分半分に分かれたレースとなり、同じ戦略のマシンがピットインを終えた12周目時点で、岩佐は13番手、ピットインを終えたなかでは3番手となった。積極的に攻める岩佐歩夢は前車との差を詰めるが、やはりオーバーテイクは難しく、ポジションは変わらずにレースは後半戦に入った。

20周目から、ミディアムタイヤでスタートしたマシンのピットインが始まり、上位陣のピットインが終わった29周目には岩佐歩夢は3番手を走行。しかしタイヤの厳しくなった岩佐歩夢と2番手との差は4.5秒に広がっていた。苦しい状況でプッシュする岩佐歩夢は、前との差を保ちながら走行を重ねるが、ソフトタイヤに替えたマシンが勢いよく追い上げてくる。残り5周で5秒以上あった差は詰められ、ファイナルラップに入る時点では1.5秒差となったが、岩佐萃は3番手を死守して37周のレースをフィニッシュした。

岩佐歩夢は前戦フランスのフィーチャーレースに続いて2大会連続の表彰台を獲得。ポールポジションの2ポイントと15ポイントを加え、シリーズポイントは90ポイントとなり、ランキング7位に浮上した。

「うまくいかないレースとなって、とても悔しい結果です」と岩佐歩夢はコメント。

「スタートでは出だしもよくなく、その後にホイルスピンをさせてしまい、先行されてしまいました。もっと丁寧にやればよかったと反省しています」

「第1コーナーでの位置取りも悪く、さらに先行されて3番手にポジションを落としました。セットアップもあまりよくなく、タイヤのグレーニングはひどかったです」

「しかし、3位表彰台でポイントも獲得できたので結果としては悪くないと思います。連続で表彰台を獲得しましたが、まだ細かな改善点はいろいろあるので、しっかりそれらに対応して、残り4戦もいいレースができるよう準備してがんばります」

岩佐歩夢 ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2