レッドブルF1育成の岩佐歩夢、最後尾からの追い上げで12位フィニッシュ 6番手スタートも序盤にアクシデント
FIA F2選手権第3戦スペインは22日(日)、フィーチャーレースを迎えた。金曜日に行われた予選で6番手となった岩佐歩夢は、3列目6番手からのスタート。

午前11時35分、気温31℃、路面温度40℃のコンディションでフォーメーションラップがスタート。前日のスプリントレース同様、スタートで好ダッシュを決めた岩佐歩夢は4番手まで上昇したが、第1コーナー進入での位置取りで2台に先行を許し、6番手で第1コーナーを通過。その後ポジションをキープして6番手で1周目を終えた。

前車に迫りオーバーテイクのタイミングを伺っていた岩佐歩夢は、3周目に前車をパスしようとするが、前車がトラブルを起こし急激にペースダウン。避け切れなかった岩佐歩夢はフロントを接触させてダメージを負い、ピットインを余儀なくされた。スローダウンしたマシンはコース上にストップし、セーフティカーが導入されている。

18番手までポジションを落とした岩佐歩夢は、セーフティカーが解除された次周の8周目にタイヤ交換のため2回目のピットインを行った。このピットインにより岩佐歩夢は最後尾の20番手となっている。

早いタイミングでタイヤ交換を行った岩佐歩夢は、タイヤをマネージメントしながらも追い上げ態勢に入り、先行車のピットインなどで24周目には11番手までポジションを上げる。25周目、ペースの落ちた前車をパスしてポイント圏内の10番手まで浮上した。しかしその後、タイヤ交換を行いペースに勝る後続にパスされ27周目には14番手にダウン。それでも岩佐歩夢はタイヤを保たせて踏みとどまり、レース終盤の35周目、36周目に前車をオーバーテイクして12番手にポジションを上げ、37周のレースを12番手でフィニッシュした。

好位置からのスタートで上位が期待された岩佐歩夢だが、フィーチャーレースは0ポイントに終わり、スプリントレースで8ポイントを加算したもののシリーズランキングは11位にダウンした。しかし上位とは僅差の争いとなり、次戦以降の巻き返しが期待される。

「アンラッキーなレースでした」と岩佐歩夢はコメント。

「ソフトタイヤでスタートして長く保たせる戦略を考えていたので、アクシデントがなければ上位にいけただけにとても悔しい結果です。スタートは位置取りも含めてうまくいきポジションを上げられたのですが、1コーナーまでの位置取りでポジションを戻しました」

「前のマシンはハードタイヤでのスタートでペースに差があって、抜くために差を詰めていたところで急にペースダウンされたので、どうしようもありませんでした。接触してフロントウイングにダメージを負い、それを巻き込んだ時にアライメントも狂ってしまったようで、レースを通してバランスがおかしくなってしまいました」

「それでもペースを作ってタイヤマネージメントもうまくいき、終盤にペースを上げてオーバーテイクできたことはポジティブな部分だと思っています」

「次のモナコは初めてのコースで、わずかなミスでクラッシュしてしまうと、レースウイークを台無しにしてしまうので、しっかり準備して臨みたいと思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2