FIA-F2 イギリス大会2:角田裕毅は1周目に追突されてリタイア
FIA-F2選手権のレース2は、現地時間8月2日午前10時10分に、気温17℃のコンディションでスタートした。レース2の上位8グリッドは、前日のレースの順位を逆にしたリバースグリッドとなるため、レース1で3位になった角田裕毅(Carlin)は、3列目6番グリッドについた。

好スタートを切った角田は、第1コーナーまでに1台をかわして5番手に浮上する。しかし、第3コーナーで後続車がリアに追突しスピン。コース上にストップし、レース復帰はできずリタイアとなった。

角田裕毅(リタイア)
「スタートはよく、ポジションを上げることができました。自分としてはイン側に十分なスペースを空けていたのですが、後続車はタイヤをロックさせてぶつかってきました。フォーメーションラップでの感触もよかったですし、タイヤマネージメントにも自信があっただけにとても残念です。表彰台も可能なレースだったので、ポイントの面でも大事なレースを失った悔しさでいっぱいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2 / 角田裕毅