アントワーヌ・ユベールの葬儀が営まれる…F1界の多くの仲間が最後の別れ
アントワーヌ・ユベールの葬儀が9月10日(火)にフランスのシャトルで営まれ、F1ドライバーを含めた多くの仲間や関係や参列した。

アントワーヌ・ユベール(22歳)は、8月31日(土)にスパ・フランコルシャンで開催されたFIA-F2のレースでの事故で命を落とした。昨年のGP3でチャンピオンを獲得したユベールは、ルノーF1チームのアカデミーに選出されるなど、将来を有望視されるドライバーだった。

ノートルガム大聖堂の外壁には、巨大なアントワーヌ・ユベールの肖像画が掲げられ、室内の椅子にはヘルメットのコレクションなどが展示された。

葬儀はシャルトル市のノートルダム大聖堂で営まれ、アントワーヌ・ユベールと幼少時代からF1ドライバーを目指して切磋琢磨してきたシャルル・ルクレール(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)、エステバン・オコンをはじめ、フランス出身の4度のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロスト、フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノット、FIA会長のジャン・トッドらが参列した。

ジャン・トッドは葬儀後、「本日、シャルトルでアントワーヌ・ユベールと最後のお別れをしてきました。ご家族、関係者の方々に心からお悔やみ申し上げます」とTwitterで述べた。

アントワーヌ・ユベールの葬儀が営まれる…F1界の多くの仲間が最後の別れ①アントワーヌ・ユベールの葬儀が営まれる…F1界の多くの仲間が最後の別れ②アントワーヌ・ユベールの葬儀が営まれる…シャルル・ルクレールアントワーヌ・ユベールの葬儀が営まれる…ピエール・ガスリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2