F1、ブラック&オレンジ旗の乱用は「角田裕毅への対応が引き金」
FIA(国際自動車連盟)のシングルシーター責任者ニコラス・トンバジスは、2022年F1シーズンの中間段階からブラック&オレンジ旗が積極的に使用されるようになったのは、F1アゼルバイジャンGPでアルファタウリF1の角田裕毅が応急処置をしたリアウィングで走ることを許可されたことに対する「過剰反応」だったと語った。

角田裕毅は、DRSが展開されたときにリアウイングの上部フラップの左側だけが開く状態となり、DRSが閉じた後、右側も目に見えて動くようになっていたことで、バクーで6位を走っているときにブラック&オレンジ旗を提示された。

角田裕毅は38周目の終わりにピットインし、アルファタウリF1のメカニックはリアウイングを安定させるために4本のダクトテープを貼って応急処置を施した。角田裕毅はブラック&オレンジ旗を提示される前にDRSの起動を停止するように既に指示されており、残りのレースではDRSを使用なかった。

ニコラス・トンバジスは、角田裕毅が問題なく13位でフィニッシュしたにもかかわらず、リヤウイングの状態を考えると、この車が走行を続けることは許されるべきではなかったと考えており、これがその後のブラック&オレンジ旗の乱用につながったことを示唆した。

ハースF1チームのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、F1カナダGP、F1ハンガリーGP、F1シンガポールGPでフロントウィングのエンドプレートの損傷でブラック&オレンジ旗を提示されたことで特に批判的だった。

この状況はアメリカGPの後に頂点に達した。フェルナンド・アロンソは、ランス・ストロールとの接触で正面からウォールにぶつかったことで、ウィングミラーが緩んだ状態で走行し、その後、ミラーは車から外れた。

ハースF1チームは抗議し、フェルナンド・アロンソに一時的にペナルティが科されたが、その後、アルピーヌF1チームの控訴が成功して取り消された。FIAはその後、ブラック&オレンジ旗の基準を緩和した。

「メキシコ以降、ブラック&オレンジ旗の基準を修正した。その後、ブラック&オレンジ旗が表示されなかった車がすでに1~2台見られた」とニコラス・トンバジスは語った。

「それを分析した我々の評価は、少し過剰に反応したということだった」

「バクーで客観的に見てマシンが実際に走らせてはならない損傷を負った状況に陥った。それはアルファタウリの1台で、リアウィングの損傷がテープで留められていた」

「明らかに我々はそれを間違えた。そして、それが少し過剰反応を引き起こし、車が少しでも限界に達しているときでさえ、車を安全ではないと見なし始めたと思う」

「そのため、我々は一方向に少し行き過ぎており、アメリカの後にいくつかの是正措置を講じた」

10月のF1アメリカGPのレース以降、ブラック&オレンジ旗は提示されておらず、ニコラス・トンバジスは、その後の3レースで損傷を受けた車のチェックがその立場を正当化したことを確認した。

ニコラス・トンバジスは、インテルラゴスでのブラジルGPスプリントレース中にカルロス・サインツのフェラーリとの衝突で損傷したマックス・フェルスタッペンのレッドブルのフロントウイングの状態を、損傷したパーツがまだ基本的に安全だった時期の例として挙げた。

また、ブラック&オレンジ旗が必要となるものの例として、F1シンガポールGPでルイス・ハミルトンがバリアに衝突した後に受けたフロントウイングの損傷についても言及した。ただし、メルセデスF1は自発的に新しいノーズに交換している。

ニコラス・トンバジスは、今後はパーツに大きな損傷がある場合にのみ、車にブラック&オレンジ旗が提示されるようになると述べた。

ドライバーにピットインを強制する基準は何かと質問されたニコラス・トンバジスは「非常に難しい。深刻な構造的損傷がある車、つまり、実際に走り続けることはできない車にはブラック&オレンジ旗が提示されることになる」と答えた。

「たとえば、シンガポールのハミルトンだ。明らかに、我々は車を走らせるを許可しなかっただろう」

「ケースの99%で、チームはいずれにしろ自分たちで車をピットに入れる。概してチームに非常に責任があり、我々の側で介入する必要はなくなる。ただし、たとえば、ぐらついたフロントエンドプレートにブラック&オレンジ旗を提示することはない」

「接触によってフロントウイングが損傷した場合、さまざまなフラップ要素が実際に相互に揺れていることがわかる場合、それは危険であると考える」

「しかし、概して、チームはフラップ調整機構をエンドプレートより約100mm内側に配置しており、通常、接触した場合、外側が壊れても翼の残りのパーツは作用したままとなっている」

「例えば、ブラジルのフェルスタッペンだ。レース後に彼のウイングをチェックしたところ、構造的には非常に無傷だった。落下の危険はなかった」

角田裕毅 F1アゼルバイジャンGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA