F1予算上限:5%未満(700万ドル)の違反は“軽微”なのか?
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、レッドブル・レーシングが2021年の財務規則に違反したというニュースがFIA(国際自動車連盟)から発表されたことを受け、予算上限の“軽微”な違反の定義を批判した。

全F1チームは、1億4500万ドル(約213億円)を上限として、FIAに2021年の報告文書を提出し、新しいレギュレーションへの準拠を確認した。しかし、レッドブルは軽度の過払い違反と手続き上の違反を犯したことが判明した。アストンマーティンも手続き上の過失があったが、規定の予算上限は下回っている。

レッドブル・レーシングは、FIAの調査結果に「驚きと失望」を表明している。

FIAの声明は、レッドブル・レーシングが2021年シーズンにどれだけの金額を違反したかについては示唆していないが、マーティン・ブランドルは、軽微な超過支出違反が1億4500万ドルの制限の5%以内と定義されていることに驚いている。

「実際に私を発狂させているのは、軽微な違反がコスト上限の最大5%未満となっていることだ。それは700万ドル(約10億円)だ」とマーティン・ブランドルはSky Sportに語った。

「それは車を大幅にアップグレードができる額であり、一部のチームにとってはBスペックにさえできることを我々は知っている。したがって、第一歩として引き締める必要がある。1億4000万ドルを持っていて、結果がどうであれ、5%の矛盾があることに何の意味があるのだろうか?」

コスト上限に違反した場合の罰則はまだ発表されておらず、マーティン・ブランドルはFIAが講じる可能性のあるさまざまなオプションに疑問を呈している.

「FIAはどんな些細な違反でも厳しく取り締まる必要があると思うが、それは戒告か罰金になる可能性がある」とマーティン・ブランドルは語った。

「彼らはポイントを再考したいと思うだろうか? 2021年のポイントはマニュファクチャラーのポイントになるのか、それともドライバーのポイントになるのか?」

「他のチームは『これで22年に有利なスタートが切れるし、マシンは23年に持ち越されるので、これは大きなアドバンテージだ』と言っている」

「では、彼らのペナルティはどうなるのだろうか? FIAはこれについてどれだけ厳しくしたいのだろうか?」

「クリスチャン・ホーナーは、それは多くのアイテムの解釈の問題だと私に言った。彼らはコストキャップを下回っていると思っていた。いくつかのものは今に含まれている」

「だから、シンガポールで他のチーム代表から言われていたような大きな犯罪ではないようだ。今はニュースを待っている」

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、100万ドルの予算は0.1秒、すなわち700万ドルの予算は0.7秒に値すると主張している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA