F1:2030年までに風洞の禁止を計画
最近のF1コミッションの会議でF1チーム代表に提案されたもののひとるに2030年までに風洞を禁止するという計画がある。

この動きはコスト削減と持続可能性に関するものだ。当然ながら、風洞の禁止によって大きな影響を受けるチームもある。ハースなどのチームは独自の風洞施設さえ持っていない。

しかし、F1チームは大筋で風洞を禁止するという計画をサポートしている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「長期的には実現するだろうという合意があった」と認める。

「しかし、それは特定の安全面も含む非常に大規模なレギュレーション変更となる。我々はこのマシンが地球上で最もダウンフォースの多い最速のマシンであることを忘れてはならない。CFDに基づいてマシンの中でドライバーとライブで実験したくはない」

「我々の風洞は、パドックの他チームと同じ世代だ。我々はここ数年、他チームと同じように風洞に取り組んできました。人々は、風洞はそこに特効薬があると言う傾向がある。風洞は非常に優れている、もしくはタイヤ分析は非常に優れている。あるしはエンジンが非常に優れているとね。だが、それは常にすべての組み合わせだ」

「したがって、2030年に風洞を禁止するという目標を設定することは、すべての人にとって有効な道であり、財政面からスポーツをより持続可能なものにするのに役立つと思う」

ルノーF1のスポーティングディレクターを務めるマルチン・ブコウスキは「新しいトピックではなく、しばらくの間話し合われていたことだ」と語る。

「この種の重要な技術インフラストラクチャの鍵は、十分な予想を持ってそれを行うことだと思う。今日、風洞はF1カーの開発に欠かせない要素であり、CFDですべてを行うことによるリスクがある。数値シミュレーションでは、最初のレースに到達すると、マシンの動作が予想とはまったく異なるもことがある。実際に軌道に戻るのに苦労していることがある。したがって、リスクは人々がトラックとの相関関係を失うことであり、風洞はその重要な要素だ」

「今、F1は挑戦を愛している。そして、10年後には開発の本質的な部分から離れることになると言われるのであれば、我々はそのシミュレーション部分を強化する必要がある。だが、私はそれが実行可能だと思っている」

「以前に『2年で禁止しよう』 『3年で禁止しよう』という話題になるたびにそれは現実的ではなかった。だから、10年後の目標としては、我々がF1を中心に構築している持続可能性のメッセージを踏まれば、それは現実的な見通しだと思う。それでも、その期間中、それは挑戦であり、我々がマシンを開発する方法に大きな変化をもたらすでだろう」

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは「それは我々にとって非常にチャレンジングだ」と認める。

「このトピックについては何度か話し合っってきた。結論として、2030年にそれを行うことを想像できるが、このように、CFDプロジェクトに基づいて完全にマシンを開発することは非常に野心的だ」

「マルチンは安全性などについて話したが、風洞での開発、または風洞の相関関係を何もせずに2月または3月の初めにトラックにマシンをローンチすることがトリッキーなのが相関関係の特徴であるのは事実だ。だが、我々は風洞の開発期間が短くすること、たとえば1:1なども想像できるという話もしている」

「確かにそれは挑戦だが、F1は挑戦に焦点を合わせていると思う。10年後に十分に予想されれば、この種のプロジェクトの良いリードタイムになると思う。なぜいけないのか? F1にとっては野心的かもしれないが、それは理にかなっている」

「2030年までは長い予想時間がある。CFDは非常に急速に発展している。ここ数年でそれを見ることができていると思うし、見ることができると思う。この技術は、風洞を必要としないほど高いレベルに達していると思う。」

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは「すべてが可能だ」と同意する。

「そして、我々全員が知っているように、テクノロジーはより良くなっている。技術は大きく進歩しており、今決める必要はないと思うが、その方向に進むのはおそらく正しいことだと思う。完全な結論に達するには時期尚早だと思うが、みんなが同じよう方向を向いてこれをやろうというならば、私はそれをサピートする」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン