F1
F1オーストラリアGPの主催者は、F1マシンのサウンドが十分ではなかったことは契約違反にあたると激怒している。

Australian Grand Prix Corporationのアンドリュー・ウェスタコットCEOは、規約変更はイベントの“魅力”を低下させ、その結果、ファンはチケット代に見合うだけのものを得られなかったと述べた。

「我々はプロダクトに対価を払っている。我々には適切な契約がある。我々はいくつかの違反があったと考えており、このことを非常に深刻に受け止めている」

アンドリュー・ウェスタコットは、AGPC会長ロン・ウォーカーが、バーニー・エクレストンに主催者側が不満に思っていることを伝えたことを明かした。バーニー・エクレストンは、新しいレギュレーションに多くの不満を抱いていることを公にしている。

「以前より退屈になった一つの側面であり、それは彼らが正していかなければならない要素や化学反応の一部だ。ロンはレース後にエクレストンと会話をし、会場ではファンがサウンドを好んでいなかったと伝えた」

堅固派のニキ・ラウダでさえ、決勝スタートで全車が響かせたエンジン音には驚いたと述べた。

「最初は“耳栓を取り出してください。以前と同じです”と言っていたが、正直、今日はテレビでちょっと失望したと言わなければならない。特にスタートではね。単純に何かがなくなっていた」

「以前、サウンドは骨を震わせたものだ。我々はそれに慣れる必要があるが、魅力の一部を失っている」

だが、メルセデスの非常勤取締役を務めるニキ・ラウダは、サウンドが静かになったという理由でエンジン規約を調整するには間違っていると述べた。

「誰でもそこをどうにかしたいと思っている。だが、エキゾーストパイプだけで変えることはできない。エンジン全体とマッピングを再開発しなければならないだろう。それはあまりに高価だ」

「お願いだから、もう少しノイジーにしたいという理由だけでエンジンを変えないでほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン