エステバン・オコン、2019年のF1浪人を回顧「メルボルンの駐車場で泣いた」
エステバン・オコンは、F1のグランプリウィナーであり、F1グリッドで最も確立された若い才能である1人だ。しかし、2019年にどん底を味わっている。

F1での彼の形成期の確かな実績にもかかわらず、エステバン・オコンは、レーシング・ポイントが、セルジオペレスのチームメイトとしてランス・ストロール(当時の新しいチームオーナーのローレン・スストロールの息子)を起用する決定により、2018年の終わりにF1シートを失った。

トト・ヴォルフがマネジメントするメルセデスの契約ドライバーとして、エステバン・オコンはメルセデスF1チームでリザーブドライバーの役割を割り当てられ、2019年の包括的なテストプログラムを約束された。

しかし、その年のメルボルンでの最初のレースで、エステバン・オコンは激しい打撃を受けた。

「間違いなく大変だったし、精神的にかなりどん底だった」とエステバン・オコンはBeyond th eGridで2019年を振り返った。

「オーストラリアのことを覚えている。2019年の最初のレースのためにそこに着いた。かなり大きなテストプログラムがあるはずだった」

「僕は車をかなりたくさん運転することになっていたけど、オーストラリアに着いたとき、今後6ヶ月間車を運転することはないと言われた」

エステバン・オコンは、平静を装っていたが、一人になったとき、悲しみに陥った。

「かなりの大きな打撃でした。メルボルンのトラックを離れて、レンタカーのところに行って、駐車場で泣いたことを覚えている」

「確かにかなりのどん底だった...眠ることはそれほど問題ではなかったけど、その夜のことを覚えている。最高の睡眠ではなかった」

2019年のキャンペーンが展開されると、翌年のメルセデスF1でレースをするという夢は、チームがバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのペアを継続することにコミットしたことで遠のいた。

しかし、エステバン・オコンのマネジメントを担当するトト・ヴォルフは、2020年のエステバン・オコンにF1シートを見つけることにもコミットしていた。

「メルセデスでジェームズ・バウレス、トト、グウェン・ラグリューからとてもよく世話をされていた。彼らは僕の世話をして解決策を見つけようとしていた」とエステバン・オコンは思い出した。

「トトは非常に明確で、『君は2020年にドライブすることになるだろう』と言った。私は『トト、どうしてあなたはそんなに確信できるの?』と言った。彼は『今にわかるよ』と言っていたけどね...」

「がっかりしたくなかったので、彼を信じたくなかった。でも、彼が何かについて話したとき、実際にかなりの回数でそれが起こっている」

「そしてそ、れはまた起こった。僕は2020年にメルセデスではないけど、ルノーでドライブを手に入れた。そして、それは僕にとって何か新しいことの始まりだった」

エステバン・オコンは、サキールでのシーズン最後から2番目のラウンドでルノーとの2位にはいり、F1で初表彰台を獲得した。そして、昨年、ハンガリーGPでF1初勝利を挙げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / アルピーヌ