エステバン・オコンの2018年11月のF1情報を一覧表示します。

エステバン・オコン、3チームのリザーブドライバー担当を認める

2018年11月30日
F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2019年F1シーズンに、メルセデスだけでなく、同社がパワーユットを供給するフォースンディアとウィラリアムズのためにも仕事をすることになるだろうと認める。

今年、フォースインディアのF1ドライバーを務めたエステバン・オコンだったが、まだ未発表のランス・ストロールの移籍によってシートを喪失。2019年はメルセデスのリザーブドライバーを務めることになり、すでに今週のF1アブダビテストにはメルセデスのチームウェアを着用して参加している。

マックス・フェルスタッペン、最終戦でエステバン・オコンに“仕返し”

2018年11月29日
F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
マックス・フェルスタッペンは、最終戦アブダビGPでエステバン・オコンに“仕返し”したことを認めた。

1戦前のF1ブラジルGPでは、周回遅れだったエステバン・オコンが、レースリーダーのマックス・フェルスタッペンに追い抜きを仕掛けて接触。両者はスピンを喫し、マックス・フェルスタッペンはリードを失って2位でレースを終えることになった。

エステバン・オコン 「オイル漏れでリタイアで終えることになり残念」

2018年11月26日
F1 エステバン・オコン フォースインディア
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1アブダビGPの決勝レースをリタイアで終えた。

今シーズン、エステバン・オコンは10回の入賞を果たして49ポイントを獲得して12位でシーズンを終了。来季はF1シートを獲得できず、メルセデスのリザーブドライバーを務めることが決定している。

「とてもフラストレーションの溜まるシーズンの終わりになってしまった」とエステバン・オコンはコメント。

バーニー・エクレストン 「オコンにF1シートがないなど信じられない」

2018年11月25日
F1 エステバン・オコン
元F1の最高権威であるバーニー・エクレストンは、エステバン・オコンほどのドライバーが来季のF1でシートを得られなかったことは“信じられない”と語る。

まだフォースインディアへのランス・ストロールの加入は正式発表されていないが、エステバン・オコンは、ウィリアムズがロバート・クビサの起用を発表したことで2019年のF1グリッドに並べないことが確定した。

エステバン・オコン 「トップ10外のクルマが脅威になるだろう」

2018年11月25日
F1 エステバン・オコン アブダビGP
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1アブダビGPの予選でQ3進出を果たして9番手だった。

「全体的に今夜の結果にはかなり満足している。Q1ラップは本当に良かったし、僕たちはセッション中にクルマから本当にベストを引き出せたと思う。最後のプラクティスで走行時間を逃していたけど、チームの素晴らしい努力によって予選までにクルマを準備してQ3に進出することができた」とエステバン・オコンはコメント。

メルセデス 「オコンは2020年のシートを保証されているわけではない」

2018年11月24日
F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、エステバン・オコンがすでに2020年のメルセデスF1チームのシートを保証されているとの見方を否定した。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1ブラジルGPでのエステバン・オコンとマックス・フェルスタッペンの事故に激怒。“すでに2020年のメルセデスの契約を結んでいるドライバー”にフェルスタッペンのレースを潰されたと語っていた。

エステバン・オコン、2019年のメルセデスF1のリザーブドライバーに就任

2018年11月24日
F1 エステバン・オコン メルセデス
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、エステバン・オコンが2019年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めることを確認した。

今年、フォースインディアでF1を戦っているエステバン・オコンだが、ローレンス・ストロールがチームを買収したことで、発表こそされていないものの、息子のランス・ストロールがチームに移籍することになる。

マックス・フェルスタッペン 「オコンへの行為が悪いとは思っていない」

2018年11月23日
F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPのレース後にエステバン・オコンを突き飛ばしたことを悪いとは思っていないと主張。どんなスポーツでも良くあるこであり、“もっと酷い事態になっていた可能性がある”と語った。

F1ブラジルGPでは、周回遅れだったエステバン・オコンが、レースリーダーのマックス・フェルスタッペンに追い抜きを仕掛けて接触。両者はスピンを喫し、マックス・フェルスタッペンはリードを失って2位でレースを終えることになった。

FIA、フェルスタッペンとオコンのF1ブラジルGPでの一件の幕引きを宣言

2018年11月17日
F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
FIA(国際自動車連盟)は、F1ブラジルGPのレース後のマックス・フェルスタッペンとエステバン・オコンの騒動について、フェルスタッペンへの2日間の社会貢献活動のペナティを科し以外にはさらなる議論は行わないとした。

マックス・フェルスタッペンは、レースをリードしていたF1ブラジルGPの決勝レースで周回遅れのエステバン・オコンに衝突されて激語。レース後の計量時のオコンの対応に激高したフェルスタッペンは、数回にわたってオコンを突き飛ばした。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム