F1 エステバン・オコン
元F1の最高権威であるバーニー・エクレストンは、エステバン・オコンほどのドライバーが来季のF1でシートを得られなかったことは“信じられない”と語る。

まだフォースインディアへのランス・ストロールの加入は正式発表されていないが、エステバン・オコンは、ウィリアムズがロバート・クビサの起用を発表したことで2019年のF1グリッドに並べないことが確定した。

バーニー・エクレストンは、エステバン・オコンがシートを獲得できなかったのは残念だと語る。

「過去2年間の彼のパフォーマンスに感銘を受けていたし、来年彼にクルマがないなど信じられない」とバーニー・エクレストンは語った。

エステバン・オコンは、2019年にメルセデスのリザーブドライバーを務めることが発表されている。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは「プレスリリーズを出すつもりだったが、思わずすべてを話してしまったよ」とコメント。

「彼は我々のチームだけでなく、フォースインディアのリザーブドライバーも務める。彼は我々のチームと密接に働いていくことになるし、他とも働く可能性がある」

例えば、メルセデスがF1パワーユニットを供給するウィリアムズでもリザーブドライバーを務める可能性がある。

その件について質問されたウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは「ロバート(クビサ)を発表したばかりなのにもう他の発表を望んでいるのですか?」とアブダビで語った。

また、エステバン・オコンは、2020年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスのドライバーを務めると強く噂されている。

「バルテリはオコンからの競争に完全に正しく反応してきた。彼は常にプレッシャーを受けていると言っていたし、彼はパフォーマンスを発揮しなければならない」とトト・ヴォルフはコメント。

「彼がもっと運に恵まれることを願っているが、シーズン前半も彼はとても良いパフォーマンスを発揮していた。彼は自分が何をしなければならないかをわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | バーニー・エクレストン