F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2019年F1シーズンに、メルセデスだけでなく、同社がパワーユットを供給するフォースンディアとウィラリアムズのためにも仕事をすることになるだろうと認める。

今年、フォースインディアのF1ドライバーを務めたエステバン・オコンだったが、まだ未発表のランス・ストロールの移籍によってシートを喪失。2019年はメルセデスのリザーブドライバーを務めることになり、すでに今週のF1アブダビテストにはメルセデスのチームウェアを着用して参加している。

「もちろん、レースをしていないよりもレースをしていた方がいつだっていいさ」とエステバン・オコンはコメント。

「でも、いずれにしろ僕は多くの仕事をすることになるだろう。以前よりもさらに多くなると思う」

「すべてのグランプリに帯同するし、シミュレーターでの作業もある。僕たちは僕にトラックでできるだけ多くの仕事を与えようとしている」

「おそらくフォースインディアとウィリアムズのテストに参加することにもなるだろう」

「メルセデスは僕のサポートを継続しているし、僕のグランプリキャリアを信じてくれている。すべてがうまくいくことを願っている」

エステバン・オコンは、2020年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1チームのドライバーを務めることになると強く噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | ウィリアムズ | フォース・インディア | メルセデス