バーニー・エクレストン 「メルセデスF1はベッテル獲得を検討すべき」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、メルセデスF1は2021年のドライバーとしてセバスチャン・ベッテルと契約することを“検討すべき”だと語る。

セバスチャン・ベッテルは、契約期間が満了する2020年をもってフェラーリF1を離脱することを決断。競争力のあるシートを手放したことで、ベッテルがこのままF1を引退することになるかもしれないとの憶測を呼んでいる。

セバスチャン・ベッテルの移籍先の最有力候補に挙げられていたマクラーレンはすでにダニエル・リカルドをルノーF1から獲得することを決定しており、そのルノーF1の空席にはフェルナンド・アロンソが収まることになると盛んに報じられている。

セバスチャン・ベッテルと親しいバーニー・エクレストンは以前、マクラーレンやルノーのようなタイトル奪還にむけて構築途上にあるチームに加入することを助言していたが、その考えを変えたようだ。

「現在の状況では、メルセデスはセバスチャンのようなドイツ人のヒーローを獲得することを検討するべきだ」とバーニー・エクレストンは F1-Insider に語った。

「従業員にとっても感情的に後押しになるだろうし、外部に向けてポジティブなシグナルを送ることもできる。メルセデスにベッテルが加わればその宣伝効果も絶大だろう」

バーニー・エクレストンは、フェラーリとセバスチャン・ベッテルの関係が破綻したことに驚いてはいないと語る。

「彼とフェラーリの間には、ミハエル・シューマッハとイタリア人との間にあったのと同じような魔法はなかった」とバーニー・エクレストンはコメント。

「チームと経営陣は、ミハエルを支援してきたときと同じようにベッテルを支援することは決してなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / セバスチャン・ベッテル / メルセデス