F1 エクレストン、マックス・フェルスタッペンのメルセデス移籍を希望?
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのどちらが優れたドライバーであるかを唯一の方法は2人が同じレースでレースをすることだと語る。

ルイス・ハミルトンがレッドブルに移籍する可能性はかなり低いが、その逆はあり得る。メルセデスは2015年にマックス・フェルスタッペンがレッドブルと契約する前に1度、そして、2017年にフェルスタッペンがレッドブルとの契約を延長する前にも2度目の獲得を試みている。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルにと契約して以来、ルイス・ハミルトンの挑戦することができていない。

ルイス・ハミルトンは、以前にフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン、そして、2016年にタイトルを獲得して引退したニコ・ロずベルグというF1ワールドチャンピオンとチームを組んでいる。

バーニー・エクレストンは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同じマシンに乗らなければ、どちらが優れているかを判断することはできないと語る。

「2人に異なるドライバーであり、完全にタイプが異なる。それに彼らは異なる方法でレースに勝っている」とバーニー・エクレストンは Auto Motor und Sport にコメント。

「だからこそ、選択は難しい。実際に我々が比較できるのは、2人が同じマシンに乗ることだけだ。私はそれを見たみたい」

その陰で輝きを失っているドライバーが、セバスチャン・ベッテルだ。ベッテルは1年以上勝ち星から見放されており、親友であるバーニー・エクレストンもベッテルが最高の状態にはいないと認める。

「彼は何かを失ったようだ」とバーニー・エクレストンはコメント。「彼に起こった最悪の事態はモントリオールでの罰だった」

「あそこでの罰は完全に間違っており、不必要だった。それがどうもスポーツに対するセバスチャンの信頼を傷つけたようだ」

「彼の行動は危険ではなかった。他の誰もが彼のように反応しただろう。ルイスは賢かたつぃ、それを危険に見せた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン