F1 リバティメディア バーニー・エクレストン
元F1の最高経営責任者であるバーニー・エクレストンは、新オーナーであるリバティメディアが進める改革を非難した。

先週、87歳のバーニー・エクレストンはF1のグリッドガールを廃止するというリバティメディアの決定に強く反対していると語っていた。

バーニー・エクレストンは「ここまでのところ、意味のあることはひとつも目にしていた」と Sonntagsblick にコメント。

「彼らがやっていることはほぼ全てが間違いだ」

ひとつの噂として、最高責任者に就任したチェイス・ケアリー、モータースポーツ責任者のロス・ブラウン、マーケティング責任者のショーン・ブラッチーズなどの新F1首脳陣は、F1から意図的にバーニー・エクレストンの足跡を消しさろうとしているとも言われている。

「そういうふうに見えるね」とバーニー・エクレストンも合意する。

また、F1グリッドガールの廃止についてバーニー・エクレストンは「彼女たちは誰にとっても害にはなっていなかった。彼らは上品に衣装を着ている。人々はファッションショーに行きたくないと言っているも同然かもしれない。それが起こったことだ」と Sky Sports にコメント。

「スポンサーは、彼らを代表する非常に上品に衣装をきた彼女たちの姿を見たいと思っている。それが彼らがやってきたことだ。人々は彼女たちを目にするのを楽しんでいたと思うし、彼らは実際に必要だった。ドライバーがグリッドに着くときに彼らがストップする必要がある場所を知ることがはるかに簡単になるからだ」

バーニー・エクレストンは、グリッドガールがF1に商業的な利益ももたらしていたと語る。

「我々は彼らがグリッドに素敵な衣装をきた女性を入れてスポンサーから料金をとってきた。人々はそれに目が行く。どの女性もそれを強要されていた覚えはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | リバティ・メディア