DTM アストンマーティン
DTM(ドイツツーリングカー選手権)は、2019年シーズンからメルセデスに代わり、アストンマーティンがRモータースポーツとHWAと提携して参戦することを正式発表した。

Rモータースポーツは、スポーツカープログラムを通してアストンマーティンとすでに関係を築いてきた。新しいDTMプロジェクトは、アストンマーティンにライセンス供与され、サポートとされる。

また、チームは、DTMマシンの開発、製造、運営を担当する合弁会社をDTMでメルセデスの長期的なパートナーだったHWA AGとともに設立している。

DTMは、開発が許可されたことを発表しており、Rモータースポーツは2019年にアストンマーティン ヴァンテージをベースとしたマシンを投入する。

これにより、2018年末でメルセデスが撤退することによるアウディとBMWに加わる第3のマニュファクチャーを探す試みは終止符が打たれることになった。

アウディとDTMは近い将来のDTMにコミットしており、2019年にメルセデスの撤退によって生じる台数減少を補うために追加でマシンを走らせるにも前向きな姿勢を示していた。

DTMの代表を務めるゲルハルト・ベルガーは「アストンマーティンのような高級スポーツカーメーカーのこの決定は、我々のシリーズにとって歴史的なイベントであり、DMTの国際的な方向付けによって画期的なものだ」とコメント。

また、ゲルハルト・ベルガーは、ドイツに留まらず、他の5か国で開催するというDTMの国際的な方向性がアストンマーティンを引きつけることに役立ったと語る。DTMは、SUPER GTと共通の技術規則「クラス1(Class One)」を完済させ、2019年に2つの交流戦を行うことを発表している。

「ITRとGTAの国際化への協力は、アストンマーティンのDTM参戦という決定とともに、さらなるマニュファクチャラーへのシグナル伝達効果をもたらすと確信している」

「GTAとの協力、我々のプラットフィームの故日下、さらなるブランドの参戦は、我々の最も重要な戦略目標の一部を表している」

「我々はチームとメーカーに準拠した国際展開を推進しており、2020年からシリーズ名の適応によって発展は強調されることになるだろう」

Rモータースポーツのフロリアン・カーメルガー代表は「我々はアストンマーティンととも国際的に有名なトップシリーズに参戦することを嬉しく思っているとコメント。

「プレミアムメーッカーとの競争は当社ブランドの大きな課題だ。シリーズの新しい技術レギュレーションと国際的な方向性は、我々の決定にとって重要な理由だった」

BMWとアウディもアストンマーティンの参戦を歓迎している。

アウディ モータースポーツのディーター・ガス代表は「アストンマーティン、アウディ、そして、BMWは、トップクラスのモータースポーツを盛り上げることにだろう」とコメント。

BMWモータースポーツのイェンス・マルカルト代表は「DTMの継続性、ITRとアウディと共同で仕事をしてきた多くの時間における信頼が成果を挙げた」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: DTM(ドイツツーリングカー選手権)