F1バルセロナテスト
2019年のF1プレシーズンテストが2月20日(水)にスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで3日目を迎え、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがトップタイムを記録した。

3日目にはウィリアムズが新車FW42でコースデビューを果たし、2019年のF1世界選手権に参戦する10台が走行を行った。

午前中にはキミ・ライコネン(アルファロメオ・ザウバー)が1分18秒の壁を破り、1分17秒762をマーク。そして、終了間際にはダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)がそのタイムを0.058秒上回り、3日間の総合トップタイムとなる1分17秒704を記録した。

1番手:ダニール・クビアト (トロロッソ・ホンダ)
「初日にあまり走行できなかった分を今日は挽回できたと思う。できるだけ周回を重ねてプログラムを消化することが重要と考えていたので、予定していたよりも多く走行できて充実した一日になった。ガレージで働く仲間たちも自分たちの仕事に満足していると思う。ハイレベルな走行を続け、周回を重ねて自信を付けていきたい。マシンからは良い手応えを感じていて、走行を重ねるごとにフィーリングが良くなっていると感じている。できるだけ周回を重ねるのが重要なの で、できれば200周したいぐらいだった。体は悲鳴を上げてしまうと思うけどね(笑)。いいタイムは出せたけど、それに満足することなく努力を続けることが重要だ。正しい方向に向かって、するべきことをする。まだプレシーズンテストだけど、いいスタートが切れていると思う」

2番手:キミ・ライコネン (アルファロメオ・レーシング)
「今日も良い一日だった。クルマは進歩しているし、しっかりとしたラップタイムも刻めている。クルマの感触は良い。いろいろとポジティブだし、来週またコースに戻るのを楽しみにしている」

3番手:ダニエル・リカルド (ルノー)
「今日は一貫性のある走行で堅実に周回数を重ねることができたので満足している。過去数日はクルマでリズムを掴めていなかったのでポジティブだった。3つの異なるコンパウンドを試したけど、それを経験して理解できたのも良いことだ。改善を維持できると考えている部分を突き進めていきたい。肝心なのは80周を走り込めたことだ。それは本当に重要なことだし、今日の求められる全てだ」

4番手:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「今日マシンに戻って、自分の走行距離を伸ばすことができて良かった。また忙しい一日だったし、なんとかプログラムを完了することができた。月曜日と比べて、新しいアイテムがいくつかあった。セットアップに集中しつつ、いくつかのことも試した。初日のポジティブな印象は強まるばかりだ。これで303周を走り込めたし、僕たちはクルマの進歩に満足していると堂々と言っていいと思う」

5番手:マックス・フェルスタッペン (レッドブル・レーシング)
「今日はとてもポジティブな一日だった。テストで100周以上走行できれば、いい日と言えるだろう。ホンダとのコミュニケーションは良好で、それぞれのチームメンバーも自分がやるべきことを分かっているし、集中しながらいい仕事ができている。何よりも、今日は多くの周回を走行できて、さまざまなセッティングを試すことができた。レギュレーションの変更があったので、自分たちが今どこを目指し、何の作業に取り掛かっているのかを正確に理解することが重要だ。現時点で自分たちの実力を測ることは難しいけど、メルボルンでようやくわかるものと思っている。それでも、マシンからは良い感触を得ている」

6番手:ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
「今日の午前中も生産的なセッションだった。異なるセットアップと空力パーツを評価するためにより長めの走行をやってみた。DRSなしでの走行だったけど、それでも新車の理解をさらに深めることができた。ここまで忙しい一週間を過ごしているし、多くの周回数を運転しているけど、それがテストでは重要なことだ。学ばなければならないことはもっとたくさんあるし、もっと開発をしていかなければならないけど、僕はそれを楽しんでいるし、忙しい一週間を締めくくるために明日も良い一日にしたい」

7番手:ロマン・グロージャン (ハースF1チーム)
「公平に言って、悪い日ではなかった。コース上でクルマを止めなければならず、何度か平台トラックに乗せられて戻ってきたのは確かだけど、テストとはそういうものだ。限界がどこなのか、どこを改良できるかを探るのがテストだ。理想的ではないし、もっとマイレージを稼ぎたかったけど、運転すればするほどクルマは良くなっているのを感じている。クルマに乗った感じはいい。月曜日に乗ってからポジティブな進歩を果たしている。そのときもすでに満足していたけど、今はもっと満足している。目標に届きつつある。これまでの仕事のすべてにとても満足している」

8番手:ピエトロ・フィッティパルディ (ハースF1チーム)
「生産的な午前だった。かなりの周回数を走ることができたし、最初のテストではそれが最も重要なことだ。クルマに搭載した多くのことをテストするために大規模な走行プランを実施している。いくつか興味深いことが見つかった。僕にとっては、またクルマに戻れてよかった。去年のアブダビでは一日フルで走れたわけではなかったけど、素早く適応できたと感じていた。昨日少し走れたのも、かなり役立った。あれがシェイクダウンみたいな感じだった。火曜日の走行の後、ペダルを調整しなければならなかったけど、一晩でそれが終えることができた良かった。今日はそのことで時間をロスせずに済んだ。自分の走行には満足している、ペースも悪くなかったけれど、距離を走れたことがもっと重要だ」

9番手:カルロス・サインツ (マクラーレン)
「昨夜からマシンにいくつか変更を加えたけど、すべての準備を終えるためにスタートが遅れてしまい、今日はちょっとチャレンジングな一日だった。でも、ほぼレース距離を走れることができたし、収集した情報からすでにその利益が得られている。特にロングランからは貴重なデータを得ることができたし、今は明日の最終日にランドがスムーズに走り続けられることを願っている

10番手:セルジオ・ペレス (レーシングポイント)
「今日は良い進歩を遂げられたし、また一歩前進できたと思う。午後の遅くにクルマに小さなトラブルが発覚し、期待していたより短い一日になってしまった。駆動を失ってしまったけど、なんとかピットには戻ることができた。プログラムをすべて完了させることはできなかったれど、それでもクルマのことを知ることができたし、改善できていると思う。2日間走ったけど、基本的には満足感がある。初日からバランスは良かったし、それが重要だ。来週までもう走らないけど、今日のような作業を続けられれば、メルボルンに向けた準備に満足できるはずだ」

11番手:バルテリ・ボッタス (メルセデス)
「過去2日間と同じように午前中は空力測定をさらに進めた。新車で初めてフルでレース距離を走ったけど、66周の間、問題なく走り続けることができた。W10についてより多くのことを学ぶことができているし、今日も昨日より良くなっている。まだ改善の余地はあるけど、毎日進歩している」

12番手:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「今日も多くのマイレージを稼ぐことができたし、バルテリも僕もレース距離を走り切ることができたので、信頼性の点では良い一日だった。僕たちはクルマを深堀して理解仕様としている。毎年の序盤と同じだ。毎年、チャレンジに挑めるのは嬉しい。新車に乗るのは新しい人に出会うようなもの感覚だ。良いのか悪いのかわからないけど、そのマシンと共に歩んでいける道のりは本当に特権的な立場だと思う。今、チームと過ごす7年目なんて信じられない。今年は僕たちのパートナーシップで最もチャレンジングな一年になりそうだし、とてもワクワクしている。僕はレースが大好きだし、そこは何も変わっていない」

13番手:ジョージ・ラッセル (ウィリアムズ)
「やっとFW42を運転することができてとても嬉しい。今日は純粋にインストールラップ、クルマのシェイクダウン、データ収集に焦点を置いた。僕たちの焦点はパフォーマンスランではなかったので、クルマの全体的なポテンシャルは判断できないけど、明日僕たちが丸一日走行できることに興奮している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー