ブラジルグランプリ F1 セバスチャン・ベッテル
2017年のF1世界選手権 第19戦 ブラジルグランプリの決勝が12日(日)にサンパウロのインテルラゴス・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝。。

2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、アクション満載のオープニングラップでトップに立ち、その後もアドバンテージを維持してトップでチェッカー。今季5勝目を挙げた。

2位にはバルテリ・ボッタス、3位にはキミ・ライコネンが続き、フェラーリがダブル表彰台を獲得。ライコネンは3戦連続の表彰台。

4位にはピットレーンスタートのルイス・ハミルトン。最後尾から最終的にライコネンから0.8秒差まで迫る王者らしい素晴らしいレースを展開。文句なしのドライバーズ・オブ・ザ・デイに選出された。

最後の母国レースとなったフェリペ・マッサは7位でフィニッシュ。フェルナンド・アロンソは、最終ラップまでフェリペ・マッサとバトルを展開したが、オーバーテイクすることはできず8位でフィニッシュ。9位には僅差でセルジオ・ペレスが続いた。

優勝:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「ミスをする余裕のないシーズンで最も難しいレースのひとつだった。スタートは完璧ではなかったけど、ボッタスを倒すには十分だった。その後、バルテリは常にとても接近していたし、僕たちは同じペースだったけど、懸命にプッシュして、ギャップを広げることができた。今回の勝利は僕とチームにとって非常に重要だし。久しぶりにこのような結果を達成できたのは素晴らしいことだ。タフな数週間、長い夜だったし、ファクトリーのハードワークと大きなサポートがあったので、チーム全体のために嬉しく思っている。この勝利をマラネロで働いているみんなとここにいるスタフに捧げたい。僕たちにとって非常に厳しいものだったけど、今日は素晴らしい一日だし、チームとティフォオシに感謝している。アブダビでも良いレースがしたい」

2位:バルテリ・ボッタス (メルセデス)
「最初のコーナーでレースを失ってしまったと思う。スタートで最初にクラッチを離した時、思っていたほどグリップがなかったし、トラクションが悪くなってちょっとホイールスピンしてしまった。セブ(ベッテル)は僕よりも良い発進をしていて、インサイドに入られてしまった。今日の僕たちとフェラーリ勢のレースペースはかなり接近していたし、戦略も似たような内容だっただけに、そこが悔やまれる。僕たちはアンダーカットを試みて新品のソフトタイヤに交換してアタックしてみたけれど、追い抜くことはできなかった。最後にもう一度アタックしたかったけど、再びペースを上げようとした時にはタイヤが全く残っていない状態だった。昨日の良い結果の後、今日はかなり高い期待を持っていた。でも、ポジティブな面に目を向ければ、個人的にはここしばらくの週末に比べれば、かなり良い内容だった。それにルイス(ハミルトン)がスタートしたポジションを考えると、チームとしての今日の結果は悪くなかったし、そこは良かったと思う」

3位:キミ・ライコネン (フェラーリ)
「スタートはかなり平均的だった。ホイールスピンもあったけど、ポジションを失わなわなかったのは満足だった。最初の15周はタイヤが少しトリッキーだったけど、ピットストップ後はクルマに満足できた。ソフトタイヤで僕たちが本当に強いことはわかっていたので、その改善を期待していた。楽に上位勢についていくことができたし、同時にタイヤを労わることもできた。ある時点でプッシュしたし、近づいていた。多くのスピードがあると感じていたけど、今日のようなコンディションでは追い抜くのは難しかった。ハミルトンが後ろに迫ってきたのが見えたときはちょっとフラストレーションを感じたけど、僕には良いクルマがあったあし、愚かなミスをしなければ抑えられるという自身はかなりあった。かなり楽に抑えられたし、彼にはあまり僕を抜くチャンスはなかった。もちろん、もうひとつ上位でフィニッシュしたかったけど、チームとしては素晴らしい結果だ。クルマは週末を通してかなり強かった。今年、僕たちはどの場所では強かった。もちろん、難しいレースもいくつかかったけど、チームとして誇りに思えることだ。来年のための土台になっている」

4位:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「素晴らしい時間を過ごせたし、レースをとても楽しんだ。今日はとにかくペースが良かった。楽に勝てる週末だったはずだ。だから、自分を最悪のポジションに追いやってしまったことにがっかりしている部分もある。でも、昨日はもう過去のことだ。今日はかなりポジティブだった。前をかき分けていくのは楽しかった。カート時代の1~2年目にいつも後ろからスタートしていた頃のようだったね。今日の僕の目標は、とにかく昨日のミスの埋め合わせをして、チームを満足させてポイントを取り戻すことだった。3番手まで戻そうと頑張ったけど、最後はタイヤがなくなってしまった。でも、今日はバトルを楽しんだし、それを見てみんなに僕の心にはまだ燃え盛る炎が残っていること、今後もまだまだたくさんのレースがあることを証明できたことを願っている」

5位:マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
「全体的に今回は僕たちのクルマに適したトラックではなかったし、ストレートでのパワー不足も含めて非常に厳しかった。コーナーで追いつこうとするんだけど、タイヤへの要求があまりに高くなるし、ドロップオフも激しくなる。レースではもっと良い結果を期待していたけど、難しい状況だった。でも、僕たち最大限の結果を出せたと思うし、それが5位だった。難しいタイヤで最後の10~15周を走りたくはなかったし、最後にポジションを失うこともなかったので、2回目のピットストップをすることに決めた。そこでレースは終わったけど、メキシコでは得られなかったファステストラップを記録するためにプッシュした。ここでそれができたので本当に満足している」

6位:ダニエル・リカルド (レッドブル)
「スタートは理想的ではなかった。かなりタイトだったし、アウトサイドにスペースが見えたので、できるだけ多くのスペースを得ようとしたけど、イン側に2台のクルマがいるのはわかっていたし、接触して僕に衝突してくるリスクは常にあった。それが起こってしまったけど、トライしたことに後悔はしていない。スタートはポジションを大きく上げるチャンスだし、僕はほぼ後方にいたので、何かしらのことにトライしなければならなかった。幸いにもクルマにそれほどダメージはなかった。タイヤを交換で、その後もレースをどんどん進めて、良いオーバーテイクができた。楽しいレースだったよ。クルマを追いつくとすふに追い抜くことができたし、いくつか良い戦いができた。最後は快適に6位で終えられた。チェッカーフラッグを見れたのは嬉しかったし、今日は最大限に生かせたと思う」

7位:フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「本当に素晴らしい結果だし、僕のキャリアでこれだけのことを経験できたなんて本当に信じられない気分だ。素晴らしいスタートを切って、何台かオーバーテイクすることができたし、セーフティカー後のリスタートも素晴らしかったし、アロンソを抜くことができた。自分のレースと結果にはkれを抜くことが非常に重要になることはわかっていた。その後は完璧なレースができた。最後はタイヤがなくなっていたけど、なんとか彼を抑えることができた。今日のレースにはとても満足しているし、感動的だ。堂々とフィニッシュできたし、それが最も重要なことだ。この場所は僕にとって驚くべき場所だ。ありがとうとしか言えない。みんなに会えなくなるのは寂しいよ」

8位:フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「全体的に、ブラジルGPはいいレースだった。6番手からスタートし、1コーナーで5番手に浮上したあと、最終的にポイント圏内で完走した。僕たちにとっては、ベストな週末の一つだ。マシンはレースを通してすばらしいパフォーマンスを発揮したものの、結局、オーバーテイクはできなかった。ストレートでのスピードが不足していた。コーナーの出口で2回ほど、前方のマッサの背後に迫り、“今が追い抜くチャンスだ”と思ったが、DRS(ドラッグリダクションシステム)を使っていても、引き離されてしまった。マッサはとても安定した走りをし、ミスをしなかった。また、彼にとってはブラジルで迎える最後のF1レースの最終ラップだったので、どれぐらいハードなディフェンスをしてくるのかわからなかった。いずれにしても、マッサをオーバーテイクするチャンスはなかった。それに、後方のペレスからポジションを守らなければならなかったので、チェッカーフラッグを見た瞬間、ホッとした」

9位:セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「1周目のターン2でアロンソに押し出されたことでかなり困難なレースになった。芝生に出て、マッサにもポジションを奪われてしまった。それが僕のレースに大きな影響を与えた。リカバーするためにレース全体を費やすことになってしまったからね。僕たちには間違いなく7位でフィニッシュできるペースがあったけど、非常に高い路面温度によって状況は難しくなった。攻撃しようとするとすぐに大規模なタイヤデグラデーションに苦しめられた。状況を克服するために戦略を変えようと試みたけど、7位を取り戻すには十分ではなかった。最後の数周はマッサとアロンソにかなり近づいていた。マッサは最終セクターで速く、アロンソはセクター2で速かったし、ストレートで防御するためにDRSの恩恵を受けていた。あともう1周あったら彼らを十分にオーバーテイクできていたかもしれない。展開を考えれば結果には満足だけど、完全には満足していない」

10位:ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
「スパ以来となるポイントを獲得できてよかったけど、かなり平凡なレースだった。スタートでポジションを落とし、ハミルトンとリカルドに抜かれ、順位を上げるのは難しいタスクだった。レースを完走できてよかったけど、その一方で今日の僕たちにはペースが不足していた。全力でプッシュしていたし、もっと良い結果を出すことができなかったのは残念だ。もう僕の焦点はアブダビでの最後の戦いに向いている」

関連:【動画】 F1ブラジルグランプリ 決勝ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー