ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、フェラーリの開発ドライバーに転向した今、2013年のGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)に会長を続投することに意欲をみせている。

前任のルーベンス・バリチェロがインディカーに移籍した2012年にペドロ・デ・ラ・ロサはGPDAの会長を引き受けた。

だが、ペドロ・デ・ラロサは、HRTでレースをすることと、GPDAの責任を両立させるのは時間的に厳しいことがわかったとし、2013年も継続するかどうかは明らかではなかった。

しかし、HRTが消滅して、フェラーリで新しい仕事に就いたペドロ・デ・ラ・ロサは、GPDAでの役割に専念できると考えており、仲間のドライバーが望むのであれば、継続することに満足だと述べた。

F1ドライバーは、2013年の会長を選出するために開幕戦オーストラリアで会うことに合意したと AUTOSPORT は報じている。

現在、ペドロ・デ・ラ・ロサが会長を務め、セバスチャン・ベッテルとフェリペ・マッサが2011年からディレクターを務めている。

ペドロ・デ・ラ・ロサは「他のドライバーが会長を続けることを望んでくれるのであれば、僕はそうすることに満足だ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / フェラーリ