ペドロ・デ・ラ・ロサ
GPDAの会長を務めるペドロ・デ・ラ・ロサは、F1はマルシャのテストドライバーであるマリア・デ・ヴィロタが事故で右目を失ってしまった直線テストから学ばなければならないと訴えた。

空力テストは、FIAが承認した会場でしか許可されておらず、安全基準はすでに高い。

しかし、ペドロ・デ・ラ・ロサは、起こったことから教訓を学ばなければならないと述べた。

「僕たちは、改善するために変更する必要のあるものがないか確認するために事実をすべて調べていく」とペドロ・デ・ラ・ロサはコメント。

「事故が起こるということは、きちんと働いていない何かがあるということだ。十分に良くなかったということなので、今後、FIA、チーム、そしてGPDAの間で変更できるかを確認する必要がある」

ペドロ・デ・ラ・ロサは、まだ事故の情報を得ていないのでいかなる結論も下すつもりはないが、F1はあのような事故を二度と繰り返さないことを確実にする必要があると述べた。

「僕たちがやらなければならない一番のことは、何が起こったのか、どのような安全対策がとられていたが、、離着陸場はF1テストのためにどのような準備がなされていたのかを理解することだ」

「僕たちは、あのようなことが二度と起こらないことを確実にすることが唯一の目的だということはわかっている。でも、まずは事実を知る必要がある。現時点で僕たちはまったく情報を得ていない」

関連:
マリア・デ・ヴィロタ、事故で右目を失う
マリア・デ・ヴィロタ、生死にかかわる重傷との報道
マリア・デ・ヴィロタ、F1テストでクラッシュして負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / マリア・デ・ヴィロタ