元F1ドライバーのダニール・クビアト、NASCAR転向を検討?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、アメリカに渡ってNASCARに参戦する可能性がある。

このニュースを明らかにしたのはハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーだ。彼のボスであるジーン・ハースは、大成功を収めたNASCARチームであるスチュワート・ハース・レーシングも所有している。

NASCARについてギュンター・シュタイナーは「多くのドライバーがNASCARを試してみたいと思っている」とコメント。

「一部はインディカーにも移行している」

「これらのシリーズは非常に異なるため、これは彼らにとって大きな一歩だ。NASCARからF1に移行することを想像するようなものだ。ドライビングだけでなく、システム全体に関する」

「ミック(シューマッハ)はテキサスでの(NASCAR)レースを訪れた。ダニール・クビアトはマーティンズビルでのレースに来るだろう」

「NASCARに来るは誰でも『ギュンター、誰かと会えるようにセットアップしてくれないか?』と尋ねてくる。ダニールは、現時点ではF1でレースをしていないので、彼にとって興味深い選択肢があるかどうかを確認するために立ち寄ることになる」

ロシア出身のダニール・クビアト(27歳)は、昨年末にレッドブルのF1プログラムでの地位を失い、それ以来、アルパインF1のリザーブドライバーを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / NASCAR