ダニール・クビアト 「1周目でポジションを落としたことが響いた」 / アルファタウリ・ホンダ F1ポルトガルGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPの決勝を19位で終えた。

13番手のダニール・クビアトはミディアムタイヤを選択してスタートしたが、オープニングラップで小雨が舞ったこともあり、序盤はソフトタイヤ勢の優位が目立つ展開となった。

ポイント圏内を目指すべくプッシュしていたダニール・クビアトだったが、トラックリミット違反の裁定を受けて5秒加算のタイムペナルティーもあり、19位でレースを終えた。

「今日はよくないレースだった。1周目でポジションを落としてしまい、そこからあまりできることはなかった」とダニール・クビアトは語る。

「タイヤの感覚が悪く、熱が十分に入らない感じがして、序盤はグリップに苦しんだ。風もあったので簡単な状況ではなかったし、こういう中でのレースはいつも難しいものだ。いいレースができるときもあれば、悪いときもあり、僕にとって今日は悪いレースになった」

「今日の走りを分析し、序盤の数周でタイヤ温度も含めてなにがあったかを見直した上で、来週はより強くなって戻ってこなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ / F1ポルトガルGP