F1 ダニール・クビアト
トロロッソ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2020年にレッドブル・ホンダがダニール・クビアトを再び起用することになってもチームの“面目が潰れる”ことはないと考えている。

今シーズン、レッドブル・ホンダに昇格したピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンのペースにまったく匹敵できておらず、シート喪失が噂されている。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームがピエール・ガスリーをシーズン途中で交代することを検討しているとの噂を繰り返し否定しているが、ガスリーが2020年のシートを確保するためには改善する必要がある可能性が高い。

レッドブルはピエール・ガスリーの昇格が想定よりも早すぎたことを認めており、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンはまだルーキーシーズンのため来年にレッドブル・ホンダに代役として加入する可能性は低い。


したがって、ダニール・クビアトの昇格が最も高い可能性として考えられるが、すでに2015年から2016年の序盤にかけてクビアトは一度それを経験している。

したがって、それがKvyatを引き上げるための最も可能性の高い選択肢として残し、2015年から16年初めにかけてのRed Bullでの経験を既に経験していることになります。

一度チームを解雇されたダニール・クビアトがレッドブルに復帰すれば非常に珍しいことになるあ、フランツ・トストはそれが問題ではないと考えており、恥ずべきことでもないと語る。

「いいや、面目が潰れるようなことにはならないと思う」とフランツ・トストは Starting Grid のインタビューでコメント。

「F1の決定的な要素はパフォーマンスだ。ドライバーがパフォーマンスを届けているのでれば、彼を連れ戻さない理由はあるだろうか。それが正しい決断であると確信しているのであれば特にね」

フランツ・トストは、ダニール・クビアトが再びレッドブルに移籍することを否定的には捉えておらず、クビアトはトップチームで輝くと考えている。

「ダニール・クブアトはレッドブル・ドライバーだ。彼は現在トロロッソに貸し出されている。今後、すべてがどのように展開するか見てみるつもりだ」とフランツ・トストはコメント。

「ダニーがトップチーム、つまりレッドブルに復帰できるのであれば嬉しい。なぜか? 彼にはスピードがあると思っているからだ。全ての環境が適切であれば、彼はとても良いパフォーマンスを発揮できる」

ダニール・クブアトは、元々2014年にトロロッソで1年間を過ごした後、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍によって空席となったレッドブルのシートに収まった。

しかし、2016年にダニール・クビアトはスランプに陥り、第5戦スペインGPでマックス・フェルスタッペンと交代するかたちでトロロッソに戻った。そのレースでフェルスタッペンは初優勝を果たしている。

だが、ダニール・クビアトはトロロッソでもスランプから脱却することができず、2017年後半にチームを解雇され、2018年はフェラーリのシミュレータードライバーに就任。今年のサプライズ復帰へと至っている。

一方、ピエール・ガスリーに関してフランツ・トストは、トロロッソで仕事をしていた経験を考えれば、レッドブルでこのような厳しい時間を過ごすことになるとは思わなかったと語る。

「ピエールは現在示しているようもはるかに優れており、はるかに速い。なので、ちょっと驚いている。だが、正確な状況はわからない」とフランツ・トストとコメント。

ピエール・ガスリーが悪く報道されていることについては「それがF1というものだ!」とコメント。

「ここはハイパフォーマンスな場所だ。期待されたパフォーマンスを届けられなければ、批判される。それに対処できなければならない」

フランス・トストは、ピエール・ガスリーのスピードは、レッドブル RB15のリアエンドに対する自信の欠如が原因だと考えている。

「彼はあのようなクルマに対処できない。彼にとってクルマは予測不可能だ、リアアスクルが軽く、それは彼の好みではない。彼は安定したリアアスクルが好みだ。才能が不足しているわけではない。経験が不足しているのだ」

「二つの要因が重なった。ひとつは

4月下旬にオートスポーツと話すと、トーストは言った: "彼はそのような車に対処することはできません。車は彼にとって予測不可能であり、リアアクスルの上に光、そしてそれは彼が好きではないものです。

「彼は安定したリアアクスルが好きです。才能がないからではなく、経験が足りないからです。

「2つの要因が重なった。1つは天性のスピードを持ったマックス・フェルスタッペンの存在。もう1つはクルマのコンセプトが100%ガスリーに合っていないことだ」

「これらの2つの要因はあちこちで0.002~0.003秒を失うのに十分だ。コーナーが15個あれば、それはコンマ3~4秒になってしまう」

「彼にそれらすべてに適応する時間を与えなければならない。彼は現在チームで確立されているマックス・フェルスタッペンの隣にいるという不幸もある。だが、マックスもかつて我々と一緒だった。彼も学習プロセスを経なければならなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | レッドブル | トロロッソ | ホンダF1