F1 ダニール・クビアト
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、2019年のF1世界選手権 第3戦 中国GPへの意気込みを語った。

開幕戦では9位入賞を果たしたダニール・クビアトだが、第2戦では予選からは歯車がかみ合わずにノーポイントで終えている。F1中国GPは2016年に3位表彰台を獲得したグランプリであり、いいセットアップが見つけられれば、良い週末を過ごせるはずだとダニール・クビアトは語る。

「バーレーンは思うようにいかないことが多い週末だった。十分に走りこむことができず、トラックの改善を理解ができないままになってしまった」とダニール・クビアトはコメント。

「予選でベストな走行ができませんでしたし、決勝もいまいちだった。でも、レースペースがよかったことはポジティブにとらえており、中国GPに臨む上での自信につながる。僕がタイヤテストを行い、アレックスがチームのテストを行ったバーレーンでの2日間はチームにとって有意義なものになった」

「中国ではいいセットアップで走れるように努力しなければならないし、それができればいいレースウイークになると思う」

「2016年の中国GP決勝では、6番グリッドからスタートして3位表彰台を獲得したし、中国にはいい思い出がある。低速コーナー、中速コーナー、ロングストレートがミックスした特徴的なサーキットだ。うまくコツをつかめれば、走りを楽しめると思う」

「実質的に2つのコーナーのように思える非常に長い複合コーナーを終えて、ストレートのあとにハードブレーキをしながら進入するヘアピンなど、トリッキーな箇所がいくつかある」

「1000戦目のF1グランプリで走り、F1の歴史の一部になるのはすばらしいことだ。今回は都心部には泊まらないけど、中心部を一度は訪れることができると思っている。上海はエキサイティングな街なので楽しみにしている」

関連:2019年 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロロッソ | F1中国GP