ダニエル・ティクトゥム、F2初勝利で解雇されたレッドブルF1を皮肉る
F2ドライバーのダニエル・ティクトゥムは、イギリス大会での初勝利は自分がF1を目指すにふさわしくないとして“疑い深い人=レッドブルF1”への答えになると考えている。

MSAフォーミュラのセーフティカー中でライバルへの意図的な接触によって2015年にモータースポーツを1年間禁止されたダニエル・ティクタムは、先週末にシルバーストン開催されたF2のスプリントレースで勝利を収めた。

ダニエル・ティクトゥムにとって2018年にマカオGPで優勝して以来、初めての大勝利となった。

レッドブルの育成プログラムの一員だったダニエル・ティクトゥムは、昨年F1マシンをテストしていたが、スーパーフォーミュラの成績不振を原因に解雇されている。

2020年にウィリアムズのドライバーアカデミーのメンバーとなったダニエル・ティクトゥムは、DAMSのF2シートを獲得した。

シルバーストンの勝利にとってドライバーズ選手権で5位にいるダニエル・ティクトゥムは、自分のパフォーマンスはレッドブルF1とモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコに対する反撃の役割を果たすと考えている。

「多くの人が僕のキャリアが普通の航海ではなかったことを知っていると思う」とダニエル・ティクトゥムは語った。

「僕の最後の大きな勝利はマカオだった。そういうことには意味がある。あまり過去を振り返りたくないけど、明らかにレッドブルから落とされることはキャリアに大きな打撃を与える」

「落とされてから1年後にF2で優勝したチームに加入できたことは、彼らが僕を信じていると言えるし、それはいつだって素晴らしい気分だ」

「結果を出し始めることも、ある意味で…言葉の選択がわからないのでここで少し注意する必要があるね。でも、誰もが僕に何ができるかを知っていると思っている。ある意味で、僕に間違った抱いている彼(マルコ)や人々への証明だと言えるだろう。やってやるよ。様々な理由からいい感じだ。とにかくそう言っておこう」

ダニエル・ティクトゥムは、2020年の自分の結果は、スーパーフォーミュラのシートを失ってF3レベルのマシンに降格しても自分の開発に影響はなかったことを示していると自信をみせる。

「僕の評判は素晴らしいとは言えないと思う」とダニエル・ティクトゥムは付け加えた。

「今年に入って、取り組むべきことがいくつかあることはわかっていたけど、多くの人が自分をどう認識しているのかを先取りしていると思う」

「僕にとって今年は自分が実際にF1で十分にやれることを示したいという部分が大きい。自分が物事を管理し、マシンに持ち込み、すばやく学び、F1に必要なすべて行うのに十分な完成されたドライバーだということをね」

「誰もが知っているように、僕には間違いなく疑い深い人がいる。なので、今年は僕がF1チームが求める十分に完成されたドライバー、もしくは完全なパッケージであることを証明したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・ティクトゥム / レッドブル / F2