ダニエル・ティクトゥム、2020年にDAMSからF2に参戦
元レッドブルF1のジュニアドライバーだったダニエル・ティクトゥムが、2020年にDAMSからF2に参戦することが決定した。

DAMAは12月4日(水)に2020年のドライバーラインアップを発表。ダニエル・ティクトゥムとショーン・ゲラエルを起用する。
今季ドライバーを務めるニコラス・ラティフィはウィリアムズからF1に参戦し、セルジオ・セッテ・カマラはチームを離れることで、完全に新しいラインナップとなる。

2回のマカオGPウィナーであるダニエル・ティクトゥムは、2018年にヨーロッパF3でミック・シューマッハに次ぐ2位でシーズンを終了し、2019年はレッドブルの支援を受けてスーパーフォーミュラに参戦していたが、期待された結果を出すことができず、シーズン終了前にシートを喪失するとともに、レッドブルのジュニアプログラムからも外された。

DAMSは2017年のGP3でスポット参戦したチームでもあり、レッドブルの支援なしで自力でモータースポーツキャリアを再構築していくことになる。

「2020年シーズンのF2でDAMSに加入できることを光栄に思う」とダニエル・ティクトゥムははコメント。

「2017年にGP3で彼らと戦ったことがあるので、チームに戻り、それらの成功の上に構築し続けることを楽しみにしている。今年のチームタイトルを獲得し、DAMSは再び彼らが最高のチームの1つであることを示した。フランソワと彼のチームはF1パドックでトップドライバーを輩出しているだけでなく、彼らにF1への最高のサポートを提供していることでも高い評価を得ている」
ショーン・ゲラエルは、2018年にプレマと加入し、2019年はミックシューマッハとチームを組んだ。今シーズンの最高成績は、アゼルバイジャンのフィーチャーレースでの6位フィニッシュだった。また、テストドライバーとしてトロロッソと協力しており、今週はF1アブダビテスト初日にトロロッソとテストを行っている。

ショーン・ゲラエルは「DAMSがドライバーの1人として僕を受け入れてくれたことに本当に恐縮している。特に彼らがチームチャンピオンシップを勝ち取った後であり、、厳しいドライバー市場のなかでだからね」とコメント。

「もちろん、僕たちは来シーズンもそれを繰り返すことを期待しているけど、簡単なことではない。18インチホイールの導入により大きな変化があるけど、僕たちにはドライバーを信じる多くの人々がいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・ティクトゥム / F2