F1 ダニエル・ティクトゥム
ダニエル・ティクトゥムは、F1バルセロナ インシーズンテスト2日目にレッドブル・ホンダのテストを担当し、10番手タイム(1分19秒458)でセッションを終えた。

ダニエル・ティクトゥムは午前中トラブルにより、一時マシンを止めた時間帯もあったが、午後のセッションの途中から復帰し、合計79周を走行した。

「チームとして今日は最速タイムを更新することが目的ではなかったし、テストプランに忠実な走行を行うことを重視し、望んでいたデータを得ることができた」とダニエル・ティクトゥムはコメント。

「今朝、駆動系のトラブルが見つかり修復に少し時間を要してしまったけど、それでも有益なテストとなった。ここから分析を経て、数日後には更なるフィードバックを得ることができると考えているけど、現時点では全員が満足いくテストを行うことができたと思う」

関連:F1バルセロナテスト 2日目 結果 | ニキータ・マゼピンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・ティクトゥム | レッドブル