F1
F1の最高責任者を務めるチェイス・ケアリーは、2021年から導入する新しいF1レギュレーションの確定を10月まで延期するという決定は正しい判断だと支持した。

当初の2021年のF1レギュレーションの確定は6月末を最終期限としていたが、10月まで延期されることになったのは、F1が進むべき方向性についてコンセンサスが取れていないことの兆候だと見なす人々もいる。

しかし、F1オーバーのリバティ・メディアのメンバーとしてF1を取り仕切るチェイス・ケアリーは、10月まで延期されたのは2021年のF1レギュレーションの複雑さによるものだと説明した。


「我々は世界的なスポーツであり、検討すべきことがたくさんある」とチェイス・ケアリーは Servus TV にコメント。

6月13日(木)にパリで会議が開催され、FIA、F1、全10チームの代表とテクニカルディレクター、タイヤサプライヤーであるピレリ、F1ドライバーを代表してルイス・ハミルトン、ニコ・ヒュルケンベルグ、GPDA代表のアレクサンダー・ブルツらが参加した。

「パリはF1がどうあるべきか、どうすればファンのために改善できるかということを話し合うことが焦点だった」

「チーム、そして我々のパートナーであるFIAとの話し合った結果、2021年以降のレギュレーションに関してはより多くの時間をかけることが理にかなっているという結論に達した」

「そのために10月まで時間をとることにした。慌てて決めるよりも正しく行動した方がいい」

2021年以降のレギュレーションについては様々な意見が出ており、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピットウォールとドライバーの無線を全面的に禁止することを提案している。

「AからZまで提案をまとめたリストがある。それがチームからのものであれ、ファンからのものであれ、我々はそうした提案には大歓迎だ。最終的にどれを採用するかはまだはっきりと不確定だがね」

「数ページにも及ぶリストがある。これから一点ずつそれに取り組んでいかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: チェイス・ケアリー | リバティ・メディア