シャルル・ルクレール 「ウェットでもアドバンテージを維持できるはず」 / スクーデリア・フェラーリ F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレールは、今週末のF1ハンガリーGPで予想されているウェットとドライの両方のコンディションでスクーデリア・フェラーリがレッドブルに対するペースアドバンテージを維持できることを期待している。

シャルル・ルクレールとフェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、それぞれ金曜日のフリープラクティスセッションで首位に立った。チャンピオンシップリーダーであるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルはプラクティス走行中にF1-75のスピードに匹敵することができなかったことを認めている。

レッドブルは、金曜日のプラクティスでは彼らの基準からすればオフのような日を過ごし、マクラーレンのランド・ノリスがFP2で両方のレッドブルを追い越しさえした。

しかし、土曜日は雨の予報となっており、コンディションが車にどのような影響を与えるかは現時点では未知数だ。それでも、シャルル・ルクレールはフェラーリが予選でスピードを再現できることを期待している。

フェラーリが土曜日にアドバンテージを維持できるかどうか質問されたシャルル・ルクレールは「分からない」とFormula1.comに答えた。

「つまり、明日は雨が降るように見えるので、うまく処理してタイヤを正しいウィンドウに入れなければならない。でも、雨が降っているときにそれは常に難しい」

「したがって、それが明日の最優先事項になるだろうけど、タイヤを正しいウィンドウに入れることができれば、このアドバンテージも得られると期待している」

しかし、日曜日は再び天候が回復することが予想される。マシンが予選のためにピットを離れると、パルク フェルメ コンディションになるため、F1チームは土曜日にマインを封印した後に予選とレースでセットアップを妥協しなければならない可能性がある。

フェラーリがさまざまな天候に合わせてセットアップを実行したかどうか質問されたシャルル・ルクレールは「そうだね。それを行った」とコメント。

「とても生産的な一日だった。FP1はかなりトリッキーだったけど、FP2は正しい道を進んだので、日曜日に向けて正しい仕事をしたと確信している」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1ハンガリーGP