フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「F1タイトル争いには次の4レースが重要」
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年のF1ワールドチャンピオン争いの望みをつなぐには今後の4レースが重要になると語る。

エンジンのペナルティ、戦略の失敗、リタイアにより、4月のオーストラリアGP以来、シャルル・ルクレールが勝利を収めていない。しかし、元チャンピオンシップリーダーは、F1イギリスグランプリの週末に先立って、2022年にタイトルが可能であるとまだ信じていると語った。

シャルル・ルクレールは、メルボルンでの勝利(今年のオープニング3グランプリでの2回目の勝利)に続いて34ポイント差で首位に立っていたが、レッドブル・レーシングの見事な反撃にあい、マックス・フェルスタッペンはそのうちの5勝を挙げた。スペインとアゼルバイジャンでは、ルレースをリードするときにパワーユニットが故障した

F1イギリスグランプリを前に、2022年にフェラーリでタイトルを獲得できると信じているかどうかを尋ねられたシャルル・ルクレールは「明らかに、僕たちは過去数レースで最高の状況ではなかった。僕たちは常に限界に挑戦している。最後にこのチャンピオンシップに勝ちたいのであれば、それを行う必要がある」とコメント。

「だから、チームは100%プッシュするし、僕も100%プッシュする。誰もが...よりクリーンなレースとリズムを取り、最後の3つのレースで失ったポイントを取り戻すことに非常に意欲的だと確信している」

「全体として、チームにとっては大変な時期だった。でも、シーズン初めからの仕事のやり方はとても良かったと思うので、これを変える必要はない。でも、もちろん、できるだけ早く修正する必要のある信頼性の問題がいくつかある。チームはこれらの問題をできるだけ早く解決できると確信している」

「それには時間がかかる。でも、その間も僕たちはコース上でやらなければならない仕事に集中する必要がある。そして、すべてを軌道に乗せれば、車はいいし、チーム内にはレースに勝ち、チャンピオンシップに勝つための人材がいると確信している。最終的にはそれが目標だからね」

「最後の4~5レースではそれははるかに困難にななったでも、不可能だという意味ではない。5レース前と同じくらい信じている。もっと難しくなるだろうけど、何でも可能だ」

現在、シャルル・ルクレールは、シルバーストンとオーストリア、フランスとハンガリーでの2つの2連戦というタイトなスケジュールを楽しみにしており、タイトルリーダーのマックス・フェルスタッペンと2位のセルジオ・ペレスのレッドブル・レーシングの2人とポイント差を取り戻すことを楽しみにしている。

ドライバーズランキング首位のマックス・フェルスタッペンから49ポイント差の3位につけているシャルル・ルクレールは、グランプリの次のカルテットが彼のタイトルの希望にとって「非常に重要」であると語った。

「明らかに重要だ」と昨年シルバーストンでルイス・ハミルトンに次ぐ2位でフィニッシュしたシャルル・ルクレールは語った。

「夏休みの直前の次の4つのレースは非常に重要になると思う。4つの良いレースで休日に入れれば素晴らしいことだ」

「今、僕たちは自分自身に集中する必要がある。パフォーマンスはそこにあると思う。週末がクリーンであれば、結果はついてくる確信している。でも、繰り返しになるけど、僕たちは自分自身に集中する必要がある。そうすれば、残りはついてくるだろう」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イギリスGP