シャルル・ルクレール、今季初優勝を逃し「半分幸せ、半分がっかり」 / F1イギリスGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1イギリスGPで残り3周で抜かれて今季初優勝を逃して2位でフィニッシュ。ほろ苦い感情を残した。

シャルル・ルクレールは、スタートでバルテリ・ボッタスを抜いた後、コプスコーナーでマックス・フェルスタッペンと衝突したルイス・ハミルトンを追い抜いて、シルバーストンでレースをリードした。

その後も、シャルル・ルクレールはミディアムタイヤでルイス・ハミルトンの脅威に抵抗し、トップでペースを管理し続けた。

だが、それも最後までは続かず、50周目にハードタイヤで卓越したペースを見せたルイス・ハミルトンに抜かれて2位でフィニッシュ。今季ベストリザルトとなったシャルル・ルクレールだが、相反する感情が残った。

「正直、どう感じていいのかえ分からない」とシャルル・ルクレールは Sky Sports に語った。

「半分はとても失望しているけど、半分はとても幸せだ。どちら側に行きたいのか自分でもまだわからない。もちろん、ペースにはとても満足している。今日僕たちが示したペースにはとても満足している」

「今日戦った場所で戦えるマシンがあるとは思っていなかた。特に、最初のスティントではいろいろと問題が発生して、エンジンのカットがレースで少し続いた。ハードタイヤでは、メルセデスに比べて競争力が少し劣っていた。ルイスのペースを聞いたら、彼が迫ってくるまで『時間の問題』だった。それでも彼を抑えられるという希望を持っていたけど、ペースの違いは大きすぎた」

シャルル・ルクレールが述べるよる、表彰台を獲得するチャンスは、最初のスティントで断続的にパワーを失う問題によって深刻な脅威にさらされた。

レース後、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、パワーカットが燃料システムの管理に関連していることを明らかにした。

「注意深く検討する必要があるが、それは燃料システムの管理に関連していた。ステアリング上のスイッチなんとかして管理しなければならなかった。修正するためにドライバーデフォルトを試した」

「調査する必要がある。彼はパワーカットに見舞われたが、レース終盤はパワーやペースを損なうことはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イギリスGP