F1 シャルル・ルクレール、フェラーリの聖地での勝利は「言葉にならない」
シャルル・ルクレールは、フェラーリの聖地モンツァで表彰台の頂点からティフォシの海を眺める光景は想像を絶するほど素晴らしいものだったと語る。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、終盤までルイス・ハミルトン、その後はバルテリ・ボッタスからの1秒差のプレッシャーを払いのけてトップでチェッカー。2戦連続でのポール・トゥ・ウィンを達成した。

レース後のコースに赤の服を着ては巨大な旗を掲げたがなだれ込んでこの日のヒーローを歓迎。前戦ではできなかったシャンパンファイトを満喫したシャルル・ルクレールはモンツァの主役となった。

「フェラーリで勝たなければならないグランプリが1つあるとすれば、それはイタリアのグランプリだと思う」とシャルル・ルクレールはコメント。

「週の初めから、完全にクレイジーだった。初勝利を挙げてここに来てた。そして、初勝利を本当に歓迎してくれたファンの前ですぐに2勝目を挙げられるなんてとにかく信じられない」

「いくつかのミスをしてしまったけど、最後に1位に終えられて本当に満足している。ミスには注意する必要がある。もちろん、そのどれも今日のポジションを失うものではなかったけどね」

表彰台はスクーデリアにとって夢のような場所だった。大勢のティフォシがスタートからフィニッシュまで埋め尽くした。モンツァでのフェラーリドライバーの勝利は、2010年のフェルナンド・アロンソ以来となる。

「言葉では説明できない。想像もしていなかったし、こんな感じたとは夢にも思っていなかった。このような表彰台を獲得できるなんて、これまでのキャリアで想像していた以上のものだ」

最終的にシャルル・ルクレールは、2位のバルテリ・ボッタスからわずか0.825秒差でチェッカーを受けた。

「メルセデスはとても速かったので、かなり難しかったし、今日の彼らは僕たちよりも速かったと思う。それ以上に彼らには僕たちと戦うクルマが2台あったし、1台は第1スティトを長く走っていた。バルテリの方が長く走っていた。ルイスとはだいたい同じタイミングでピットインしていた。その後はとても困難だったけど、なんとかとても良いレースができた。ホームでの勝利を手にすることができてとても満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イタリアGP