シャルル・ルクレールの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

セバスチャン・ベッテル「シャルル・ルクレールの活躍は驚きではない」

2019年9月17日
セバスチャン・ベッテル「シャルル・ルクレールの活躍は驚きではない」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールのパフォーマンスにはチーム内の誰も驚いてはいないとし、二人はF1タイトル候補に返り咲くためには理想的なコンビだと語る。

2015年にフェラーリに加入して以来、フェラーリの15勝のうち13勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、フェラーリのタイトル奪還のための重要な一員とみなされてきた。

ジャン・トッド「ルクレールにはシューマッハと同じリーダーの資質がある」

2019年9月17日
F1 ジャン・トッド「ルクレールにはシューマッハと同じリーダーの資質がある」
FIA会長のジャン・トッドは、シャルル・ルクレールには、フェラーリ史上最高のチャンピオンであるミハエル・シューマッハのようにチームをリードする資質があると考えている。

ジャン・トッドは、ミハエル・シューマッハが黄金時代を築いたときにフェラーリのチーム代表を務めていた。

「ベッテルはもうルクレールを頼ることはできない」とベルガー

2019年9月13日
F1 「ベッテルはもうルクレールを頼ることはできない」とベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、F1イタリアGPでシャルル・ルクレールがスリップストリームを使わせてくれなかったことに腹を立てているセバスチャン・ベッテルにもうチームメイトを“頼ることはできない”と警告した。

F1イタリアGPの予選に向けたフェラーリの計画では、1回目の走行でセバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールにスリップストリームを使わせて、2回目の走行ではベッテルがルクレールから返してもらうことだった。

ジャン・アレジ 「ルクレールとフェルスタッペンの違いは“自己批判”」

2019年9月13日
F1 ジャン・アレジ 「ルクレールとフェルスタッペンの違いは“自己批判”」
元F1ドライバーのジャン・アレジは、フェラーリのシャルル・ルクレールとレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの違いは、自分がミスをした際の扱い方にあると語る。

マックス・フェルスタッペンはF1で5年目を迎えており、シャルル・ルクレールは2年目でフェラーリでは初のシーズンを戦っている。二人は今シーズンで唯一メルセデス以外でレースに勝利しているドライバーであり、ルイス・ハミルトンが引退したあとは、次世代のチャンピオン候補と目されている。

フェラーリF1代表がルクレールの優勝後に無線で『君を許す』と伝えた訳

2019年9月12日
フェラーリF1代表がルクレールの優勝後に無線で『君を許す』と伝えた訳
F1イタリアGPでシャルル・ルクレールが優勝してフェラーリが幸福感に包まる中、F1チーム代表のマッティア・ビノットが無線でルクレールに“私は君を許す”と伝えるいう奇妙なやり取りがあった。

前日の予選でシャルル・ルクレールはフェラーリのチーム戦略に従わなかった。そのことをマッティア・ビノットは不満に思っていた。

シャルル・ルクレール、ジュール・ビアンキとのフェラーリ初訪問を回顧

2019年9月11日
F1 シャルル・ルクレール、ビアンキとのフェラーリ初訪問を回顧
シャルル・ルクレールが、子供の頃に彼のゴッドファーザーであるジュール・ビアンキとともにフェラーリを初訪問したときを回顧した。

先週末、シャルル・ルクレールは、フェラーリの聖地モンツァで開催されたF1イタリアGPで熱狂的なティフォシの前で跳ね馬のドライバーとしては9年ぶりに勝利。フェラーリの新たなヒーローとして大歓迎を受けた。

ロス・ブラウン、シャルル・ルクレールにシューマッハの姿を重ねる

2019年9月11日
ロス・ブラウン、シャルル・ルクレールをミハエル・シューマッハに準える
ロス・ブラウンは、先週末のF1イタリアGPで9年ぶりにティフォシに勝利をもたらしたシャルル・ルクレールにフェラーリのレジェンドであるミハエル・シューマッハの後継者となるべき資質を見ている。

F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとのシャルル・ルクレールの強引なバトルには一部から批判の声も挙がっているが、かつてミハエル・シューマッハとともにフェラーリで黄金時代を築いたロス・ブラウンは、限界をプッシュすることが偉大なチャンピオンになるためには必要な要素だと語る。

ハミルトン、ルクレールに宣戦布告 「やられっぱなしで終わらせない」

2019年9月10日
F1 ハミルトン、ルクレールに宣戦布告 「やられっぱなしで終わらせない」
メルセデスのルイス・ハミルトンは、今後シャルル・ルクレールとバトルになったときにはF1イタリアGPのように従順であるとは限らないと宣戦布告した。

F1イタリアGPでシャルル・ルクレールとホイール・トゥ・ホイールのバトルになったルイス・ハミルトンは、リスクを避けてエクケープロードに逃れた。

マックス・フェルスタッペン 「ルクレールと同じチームでもうまくやれる」

2019年9月10日
F1 マックス・フェルスタッペン「ルクレールと同じチームでもうまくやれる」
マックス・フェルスタペンは、将来、シャルル・ルクレールと同じチームでチームメイトになる可能性を除外してはいないと語る。

マックス・フェルスタッペンはF1で5年目を迎えており、シャルル・ルクレールは2年目でフェラーリでは初のシーズンを戦っている。二人は今シーズンで唯一メルセデス以外でレースに勝利しているドライバーであり、ルイス・ハミルトンが引退したあとは、次世代のチャンピオン候補と目されている。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム