シャルル・ルクレール 「セバスチャン・ベッテルへの信頼は変わらない」
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ロシアGPの決勝でレース前の合意に関するいざこざがあったにも関わらず、セバスチャン・ベッテルへの信頼は変わらないと主張する。

事前にセバスチャン・ベッテルにスリップストリームを使わせることを決めていたシャルル・ルクレールは、ターン2で抵抗せずにベッテルを前に出した。

だが、フェラーリから順位を入れ替えるように指示されたセバスチャン・ベッテルは、3番手のルイス・ハミルトンとのギャップが縮まることを懸念していると語り、お返しにポジションを返すことを無視した。

最終的にフェラーリは戦略を最適化することでピットストップでシャルル・ルクレールを前に出し、セバスチャン・ベッテルはMGU-Kの故障によってリタイアした。

「信頼は変わらないと思う」とシャルル・ルクレールはコメント。

「僕たちはお互いを信頼する必要がある。なぜなら、いくつかの状況においては他のクルマを頼りにできることを知っていることはチームの利益のために非常に重要だと思うからね。両方の面でね。とても重要なことだと思うし、そうだね、まだ信頼はここにある」

スタートに関するレース前の合意についてシャルル・ルクレールは「スタートではすべてが尊重されたと思う」とコメント。

「セブにスリップストリームを与えるために僕は左に行った。彼がオーバーテイクするだろうことはわかっていたし、僕たちはそれを知っていた。その後、順位を戻さなければならなかったし、僕たちはレース後半にピットストップでそれを行った」

「セブに問題が発生してすぐに僕たちのレースは下降したし、バーチャルセーフティカーは僕たちにとって素晴らしいタイミングではなかった。そこからはすべてがより複雑になった」

「実際、戦う理由はなかった。なぜなら、さっきもいったように、僕たちは後で順位を入れ替えるという事実を完全に信頼していたからね。あの時にリスクを冒す必要はなかった。それが僕が戦わなかった理由だ」

皮肉なことに、セバスチャン・ベッテルのリタイアによるバーチャルセーフティカーは、ライバルであるメルセデスと勝利を手渡すことになった。シャルル・ルクレールが全開で走れない間にルイス・ハミルトンはフリーピットストップができ、トップでコースに戻った。

シャルル・ルクレールは、次のセーフティカー導入時にソフトタイヤに交換してメルセデスの2台を抜こうと試みたが成功せず、3位でレースを終えることになった。

セバスチャン・ベッテルはレースのもっと早い段階でポジションを返してくれていたらレースに勝てたと感じているかと質問されたシャルル・ルクレールは「同時にセーフティカーが入らなければね」とコメント。

「正直、それが今日うまくいかなかったメインのことだ。でも、僕たちにできることはなかった。チームにとって残念だ。今日の僕たちにはとても良い結果を出せるポテンシャルがあったからね。レースのあの時点でのセーフティカーは僕たちにとって素晴らしいことではなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル