シャルル・ルクレールの2018年10月のF1情報を一覧表示します。

シャルル・ルクレール、7位入賞 「総合的にポジティブな結果」

2018年10月29日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー メキシコGP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの決勝レースで7位入賞を果たした。

「良いレースだったし、7位という結果に満足している。これまでのF1での2番手のベストリザルトだ。タイヤを管理するのはチャレンジングだったし、その点でかなり厳しいレースだった」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「ハイパーソフトでのスタートはチャレンジ」

2018年10月28日
F1 シャルル・ルクレール メキシコグランプリ
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの予選を9番手で終えた。

「今日の予選には満足している。またQ3に進出して9番手だ。僕たちのパフォーマンスは強力だし、昨日からうまくリカバリーすることができた。僕たちは予選を走ったハイパーソフトでスタートするので後ろのライバルを抑えるのはチャレンジだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

エステバン・オコン 「ガスリーとルクレールは2019年に勝利を争う」

2018年10月25日
F1 ピエール・ガスリー シャルル・ルクレール
エステバン・オコンは、2019年のF1グリッドを外から眺めることになるかもしれないが、同世代のピエール・ガスリーとシャルル・ルクレールは開幕時から勝利を争うことになると予測しており、新世代のドライバーのための道を切り開いてくれるだろうと考えている。

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年にダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格。シャルル・ルクレールは、キミ・ライコネンの後任としてフェラーリでF1を戦う。

シャルル・ルクレール 「良い結果を達成できるポテンシャルはあった」

2018年10月22日
F1 シャルル・ルクレール アメリカGP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1アメリカGPの決勝レースをマシントラブルによりリタイアで終えた。

「このような形でレースを終えるのはフラストレーションが溜まる。特に今日は9番手からのスタートだったし、良い結果を達成できるポテンシャルがあったのは明らかだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「ポテンシャルの最大限を引き出せた」

2018年10月21日
F1 シャルル・ルクレール アメリカGP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1アメリカGPの予選を9番手で終えた。

「今日の内容には満足している。Q3でフィニッシュできるのはいつだって素晴らしいことだし、特に今日はQ2とQ3でポテンシャルの最大限を引き出せたと確信している」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「F1アメリカGPはエキサイティングなグランプリ」

2018年10月18日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー アメリカGP
ザウバーのシャルル・ルクレールが、2018年のF1世界選手権 第18戦 アメリアGPへの意気込みと、サーキット・オブ・ジ・アメリカズについて語った。

「アメリカGPはエキサイティングなグランプリだ。大好きなサーキットだし、過去に何度かフリープラクティスセッションで走ったことがある」とシャルル・ルクレールはコメント。

マーカス・エリクソン、シャルル・ルクレールに追突を謝罪

2018年10月9日
F1 マーカス・エリクソン 日本GP
ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1日本GPの決勝でチームメイトのシャルル・ルクレールに追突してしまったことを謝罪したと語った。

予選Q1でのクラッシュによって最後尾スタートとなったマーカス・エリクソンだったが、10番グリッドからスタートして序盤の数周で順位を落としたシャルル・ルクレールの背後まで順位を上げていた。

シャルル・ルクレール、ケビン・マグヌッセンは“馬鹿”

2018年10月9日
F1 シャルル・ルクレール ケビン・マグヌッセン
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1日本GPの決勝で接触したケビン・マグヌッセンのドライビングに激怒。無線で“馬鹿(stupid)”と声を荒げた。

シャルル・ルクレールは、4周目にメインストレートでケビン・マグヌッセンとバトルをしていたが、マグヌッセンは防御のために右に動いてブロック。突然の動きにルクレールは避けることができずに追突した。

シャルル・ルクレール、メカニカルトラブルでリタイアも「楽しかった」

2018年10月8日
F1 シャルル・ルクレール 日本GP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1日本GPの決勝レースをリタイアで終えた。

「僕たちが望んだようなエンディングではなかったけど、楽しいレースだった」とシャルル・ルクレールはコメント。

「スタートは慌ただしかった。周りの数台と戦っていたけど、最終的にバックオフしなければならなかった」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム