トニー・フェルナンデス F1
トニー・フェルナンデスは、F1への扉を永遠に閉ざしているわけではないと語る。

マレーシアのビジネスマンであるトニー・フェルナンデスは、2014年後半までケータハムを率いていた。

「全てを管理するのは非常に難しかった」とトニー・フェルナンデスは Vedomosti にコメント。

「生涯ずっと私は集中してきたが、フットボールやF1のようなビジネスは多くの世話を必要とする。自分自身でそうするか、本当に信頼できる誰がを見つける必要がある」

トニー・フェルナンデスは、スポーツ、そして産業としてのF1に驚いたと認める。

「F1は決してそれ自体がビジネスなることはないだろう。マクラーレンやフェラーリのような並行したビジネスが必要だ。あまりに多くの時間とお金がかかったし、ケータハムとエアアジアの間で躍動することができなかった」

「それで我々はチームを閉じた」

「だが、私は自動車ビジネスを信じているし、それを発展させるためのオプションを検討している。いつか、エアアジアで成し遂げたとき、私はレースに復帰するだろう」

「自分が失敗したことを認めなければならない。だが、再びトライしてみたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム