CT01
Caterham CT01
ケータハムの2012年F1マシン「CT01」。エンジンはルノー RS27を搭載し、ギアボックスはレッドブル・テクノロジー製を採用。またCT01は、チームとして初めてKERSを搭載する。

ケータハム CT01は大きな段差のある“カモノハシノーズ”が特徴的。これはレギュレーションでノーズの高さが基準面から最大550mmと低く制限されたなかで、エアロダイナミクスを最大限に生かすためのデザインであり、多くのマシンが類似したデザインを採用するとみられている。

リアサスペンションはプルロッド式を採用。サイドポッドの形状やリアエンドを大きく絞り込むなど、CT01は昨年マシンよりも空力効果を狙った積極的なマシンデザインが採用されている。

ケータハム CT01 主要諸元表

エンジンルノー V8、RS27-2012
シャシーマテリアルカーボンファイバー
ボディワークマテリアルカーボンファイバー
フロントサスペンションカーボンファイバー
リアサスペンションカーボンファイバー
ダンパーペンスキー&マルチマチック
ステアリングケータハムF1チーム
ギアボックスレッドブル・テクノロジー
クラッチAP
ディスクカーボンインダストリー or ヒトコ
キャリパーAP
パッドカーボンインダストリー or ヒトコ
冷却システムケータハムF1チーム
コックピット機器MES
シートベルトシュロス
ステアリングホイールケータハムF1チーム
ドライバーシートケータハムF1チーム
消火システムFEV
ホイールBBS ケータハムF1チーム仕様
燃料セルATL
燃料供給トタル
バッテリーユアサ製
潤滑油供給 Various
ホイールベース3,000mm以上
全長約5,000mm
全高950mm

ケータハム CT01 フロント (画像) ケータハム CT01 リア (画像)

関連:ケータハム、CT01を発表 - 2012年1月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | F1マシン