カルロス・サインツ 「レッドブルは別次元。すべてにおいて優れていた」 / スクーデリア・フェラーリ F1ベルギーGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1ベルギーグランプリで3位表彰台を獲得。レッドブルと競争するために全力を尽くしたが、チームは2週間後のモンツァでのホームレースに向かう前に、ローダウンフォースのペースを改善する必要があると語った。

マックス・フェルスタッペンがグリッドペナルティで降格したことで、ポールポジションからスタートしたカルロス・サインツJr.は、ベルギーグランプリの早い段階でレースをリードしていた。

「今日は何も残さなかったと思う」とカルロス・サインツJr.は語った。

「僕たちは彼らに比べて十分に強くなかった。彼らは今週末、別次元にいた。彼らは予選で強く、レースで強く、タイヤマネジメントで優れ、ストレートで強く、コーナーで強かった。それらのいくつかでは強かったのですが、残念ながら僕たちは十分に速くなかった」

「驚いたと言わないのは嘘になると思う。ギャップがはるかに大きかったか、あるいは、2つのチーム間でシーズンを通して見た中で最大だったのは確かだからね。そして、それは確かに僕たちが予想していなかったことだ。つまり、この種のトラックでなぜ僕たちが弱いのかを分析する必要がある」

「それでも、我々は分析して、いくつかの結論を導き出し、モンツァで僕たちがそれほど強くない場合に備えて、より優れたローダウンフォースパッケージで戻ってくることを試みる必要がある」

現在、フェラーリは、マックス・フェルスタッペンのホームレースであるザントフォールトに先立って、レッドブルに118ポイント差をつけられている。しかし、カルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールとの差を縮めた。シャルル・ルクレールはレース後のペナルティを受けてベルギーで6位に終わった。

「予選で見た0.6~0.8秒(フェルスタッペンとのギャップ)が、より暑いなトラックでのレースで解消されることを期待していた。レースの見通しについて楽観的で希望的だったのかもしれない。でも、残念ながら、どちらかといえば、ギャップがさらに大きくなり、さらにスライドし、グリップがさらに低下し、予想よりも速く後退した」

「言ったように、今週末はやるべきことがあまりなく、まともな結果を残すことができたので、3位を受け入れる必要があった」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 ベルギーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1ベルギーGP