カルロス・サインツJr. ほろ苦い2位表彰台「レースでの勝利はそこにあった」 / スクーデリア・フェラーリ F1モナコGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)にとって、モナコグランプリでの2位は今シーズン4回目であり、キャリアでは10回目となったが、ウェットコンディションでの素晴らしいドライブは、F1初勝利にあと一歩届かなかった。

レース序盤、カルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールに次ぐ2番手を快適に走り、インターミディエイトタイヤを交換するピットインするというチームのリクエストを却下、代わりにトラックがスリックタイヤで十分に乾くまでステイアウトすることを望んだ。

主なライバルがピットインしたとき、カルロス・サインツJr.はレースをリードし、ハードタイヤに交換するためにピットインするまで強いペースを示した。しかし、タイヤ交換からレースに合流したとき、12コーナーで周回遅れのウィリアムズの後ろでタイムを失った。その結果、次の周でピットインしたセルジオ・ペレスに前に出られた。

カルロス・サインツJr.は、セルジオ・ペレスにプレッシャーをかけたものの、オーバーテイクが難しいことで悪名高いコースを攻略の糸口を見つけることができず、レースでの勝利が手の届くところに見えながら、最終的にペレスに次ぐ2位に落ち着いた。

「特にピットストップの前にレースをリードしていたので、ほろ苦い」とカルロス・サインツJr.は語った。

「ピットストップ後、周回遅れの車の後ろでひどいアウトラップだった。チェコが僕をジャンプさせるのに十分な数秒のレースタイムを要した」

「レースでの勝利はそこにあったけど、残念ながら、このようなことはモナコでは起こる。ちょっとしたアンラッキーが僕に巡ってきたし、追い抜くためにできるすべての手を尽くしたけど、ここでこれらのワイドな車でトリッキーだ」

「僕たちは戦略を成功させた。タイヤに関して、乾くまでエクストリーム(ウェット)でステイアウトするという正しい決断をした。すべてが完璧だった。アウトラップだけが僕を犠牲にした。あのアウトラップがなければ、僕は今日ここで勝利を祝っていただろう」

「あまり文句を言うつもりはない。僕はこのスポーツがそのようなものであることを知っている。 ジェッダではチェコは運が悪かった。明らかに今日、彼は素晴らしいレースをしたし、自分自身も少し運が良かった。このスポーツでは、1日で向きが変わる」

カルロス・サインツJr.は、ドライバーズランキングで4位のジョージ・ラッセルとの差を1ポイントまで縮めた。

カルロス・サインツJr. モナコグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1モナコGP