フェラーリF1のカルロス・サインツ 「ジェッダに短期で2回訪れたことで弱点がわかった」
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツは、F1の短期間でジェッダ・コーニッシュ・サーキットに2回訪れたことで、フェラーリのF1-75での彼の現在の弱点を理解するのに役立ったと語る。

これまでのところ、カルロス・サインツは、今年の予選セッションとレースの両方でチームメイトのシャルル・ルクレールに遅れをとっており、ドライバーズランキング首位のルクレールから12ポイント差をつけられている。

F1は、2021年シーズンの最後から2番目のラウンドとして、昨年12月に初めてジェッダ・コーニッシュ・サーキットを訪れましたが、2022年は第2ラウンドに移動した。

カルロス・サインツは、現在の自分の弱点の“技術と詳細”は「プライバシーのためにチームにとどめており、あまり多くを与えないようにする必要がある」と概説したが、ジェッダは有益な教訓を得たと語る。

「100日前に去年の車で非常に自信を持っていたトラックに行くという点で、今回はこれまでで最高の経験だったとすでに言うことができる」とカルロス・サインツは説明した。

「予選とレースで非常に速く、車に何を期待し、車が何を与えてくれるかを正確に分かっていた」

「100日後に戻ってきて、去年は非常に強かったコーナーで、僕はかなり苦労しているようだ」

「運転するべき方法で車を運転できていないし、運転に必要な感覚を正確に与えてくれていない。この組み合わせが僕が取り組んでいることだ」

カルロス・サインツは、「レースでは一歩前進し、正しい方向に一歩踏み出した」と付け加え、タイムを埋める必要がある場所をより深く理解していると付け加えた。

「そこも昨2つまたは3つのタイプのコーナーまたは場所でもそういう認識を与えている。記念、自信を持って快適に感じていた部分が今年はそうではない」

「ポイントを認識したことで、将来に向けてより強くなることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1サウジアラビアGP